Home > ぬいものch > こどもの家用ズボン

こどもの家用ズボン

子供の成長は早い。
みるみる内にぐんぐん大きくなる。
昔作ったパターンを修正して、家用ズボンを作ったのは、2年前(2010年)の7月のことだった。


この頃はまだキッチンが作業場だった。
モコは既に産まれてたけどね。
その後、2階のリビングで過ごす時間が長くなり、泣く泣く作業台を2階へ・・・お引っ越し。


←着画~。
出来立てのズボンを履いて、庭で駆け回るモンジ。


後姿。
モンジ、まだ幼さが残ってる・・・
あれから前歯が抜けかわって永久歯になり、身長もだいぶ伸びた。
どんどん大きくなるなあ・・・
子供がまとわり付いてくる頃が親にとっては“花”なんだろなぁ~・・・“今”を大切にしなきゃ。


2枚縫ったズボンは、その後ヘビロテ(しかも超ヘビー級!)で履かれ、結果
←こんな姿に・・・! 
色褪せてクタクタ。膝の部分には小さな穴が2つ、3つ・・・
市販の家用ズボンも数枚あるのに、こればかり履くのだ。昔から着心地重視だったからな・・・
ま、製作者としては嬉しいばかり。
ちなみに、画像左が元の生地。これ、綿100%ではなく、化繊が混じってるので、1メートルたったの23バーツ(約70円)と激安だった。確か3メートルほど買って、あれやこれや作ったのだが、まだ残ってる・・・!(←生地大事にし過ぎ!ケチり過ぎ!!)


数日前、2年前作ったパターンに丈を5センチほどプラスして新しいズボンを作った。
ズボンは何度も作ってるので、物覚えの悪い私ですらさすがにレシピは頭に入ってて、今やパンツのゴムを交換するのと同じノリ。型紙さえあれば、あっという間に完成~。


勢い付いて、同じ生地でモコのも縫ってしまった。
モコも家用ボトムスが不足してるのだ。


でも、そしたら生地が足りなくなってぇ~・・・・・2枚目のズボンが
←こんなことにっ・・・!
おとーちゃん「つぎはぎズボン?」ですって。
つ、つぎはぎ・・・ハッキリ言うなあ~、もー!(怒)
けどいいんです、家で履くんだし、モンちゃん“履き心地重視”だからw
これでやっとクタクタの2枚を処分出来る! それが一番嬉しい!(笑)
今度は、クターっとなる前に新しいの作りますです、はいー。


2012/04/15(Sun)   

→次の記事: 手作り赤ちゃん水着(ビキニ)

←前の記事: ワイドパンツをかぼちゃパンツにリフォーム


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.