Home > ぬいものch > 手作りベビー服と昔風エプロンドレス

手作りベビー服と昔風エプロンドレス

知人の出産祝いに僭越ながら手縫いのベビー服を贈りました。
余程親しい人ならともかく、そんな仲でもない方に手作りの物を贈るのってどうなんだろう? やっぱり買った物の方がいいかな・・・? なんて悩んでいたのですが、結局、買いに行く時間がどうしても取れず、隙を見付けて縫いました。


ベビー服の本は持っておらず、昔買った“こどもブティク”にちょこっと載ってたものを参考にしました。
型紙がなかったので、本を参考に自分で線を引いてみました。

PCでは簡単なパターンを作ったことがありますが、手で描くのは初めて。
でも、思ってたより簡単で、「カーブスケールさえあればOK」という印象でした。



意外にもブルマーで苦戦。
ディープなカーブのアイロンがけが大変で~・・・
型紙も作り方もなく、全くの我流だったので、ひとり黙々と格闘しておりました。



完成です。



・・・パターンに惚れてしまい、
後日、娘用にアレンジして、エプロンドレスを縫うことにしました。



完成。

イメージは、“大草原の小さな家”のローラ風。(←古い?)
アニメ“ふしぎな島のフローネ”のフローネもこんなカンジのエプロンドレスを着てたよなー・・・?(←これも古い?! でも個人的に大好きなアニメだったのです)



少しアップで。

タイ産コットン100%の生成りの生地だったのですが、この生地が薄くて~・・・めちゃ縫い難かったです。(泣)



更にアップで。

←ハンガーが何となく透けて見えるのがわかりますか?

写真ではわかり辛いですが、透けるほど薄い生地で、ホ~ント扱い難い縫い人泣かせの生地だったのですが、仕上がってみると、とてもキレイなシルエットで・・・(自画自賛、スミマセン!)
頑張って縫った甲斐あったな・・・としみじみ。

通気性が良くて、ガーゼのような優しい肌触りなので、今度は娘の シミーズ スリップでも縫おうかな?

2008/07/10  




→次の記事: 子供のお絵描きを刺繍に

←前の記事: 我流アップリケの作り方(2)


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.