Home > ぬいものch > 憂鬱からの脱出

憂鬱からの脱出

ソンクラーン(水掛祭り)の後は、暑くて、暑くて、ホントーに暑くて・・・、何にもする気になれませんでした。
人間ってのは、寒くても鬱になりますが、暑過ぎてもやはり鬱になるもんです。
この時期ばかりは、チェンマイで暮らしていることをほんの少し悔やんだりします。

あまりにも暑いので、家族3人エアコン部屋に引き篭もってました。
8畳ほどの部屋で各々思い思いのことを・・・。
夫は、言うまでもなく仕事。
娘は、お友達(ぬいぐるみ)とままごと。
私は、ゴロゴロ寝転びながら日本の雑誌を眺めたり、たまに娘の遊びに付き合ったり、
←こんなことをしたり

してました。



木の椅子の釘にお尻を引っ掛けて、破いてしまったんです。
お気に入りのパンツなので、なんとか復活させたくて、つぎあてすることにしました。
貧乏臭いですが、大好きなパンツを手離したくなかったので。



このパンツが好きな理由は、股上が深くて履き心地がいいところ。

数年前からパンツ、ジーンズというと股上が浅いのが主流ですよね。
しかし私はどーも苦手で・・・。
腰で履くぐらいのものならいいんですが、ミドルヒップより下(ファスナー5~6センチぐらい)のものは、やり過ぎ! と言いたくなります。

履いてて落ち着かないものをあえて履こうとは思わないので、好みのものを探しに行ったこともあったのですが、見事に股上の浅いものしかなく・・・。(涙)

こんな時、着たいと思う服を自分で作れたらなぁ、としみじみ思ったものです・・・。

それが洋裁に興味を持つきっかけでした。



そんな訳で、日本で買った時代遅れのパンツ(股上ディープのパンツ)をずっと好んで履いてました。

つぎあてして更に見た目が悪くなりましたが、家の中で履くんだし、ま、いっか、と。





・・・部屋の片隅でチクチク繕い仕事をしてる私が不憫に見えたのか、

「来週ミシン買いに行こう」

と夫。

おぉぉぉーーー! 神の声!!!

実は前々から買う約束をしていたのですが、色々事情があって延び延びになっていたのです。





ミシンは、4年ぐらい前からずっと欲しくて、毎年年の始めには

今年こそはミシンを買う!

という目標を立ててました。

しかし、目標が達成されることはなく・・・。





・・・雨音を聞きながら、ミシンでダダダ・・・。

噂には聞いてましたが、ミシンで縫うとあっという間に出来上がります!
今まで数週間かけて縫ってた娘のズボンが、たったの数時間で・・・!
ビックリ!! 感激です!!!





最高のおもちゃを手に入れ、生活にも張りが出てきました!
暑くてどうしようもなかった気候も、低気圧の接近で雨が降るようになり、それまでとは一変して涼しく快適な気候に・・・。

憂鬱からの脱出って、やはりちょっとしたキッカケが必要なのでしょうか。
・・・ってか、
そもそも家族で1室に閉じ篭ってるのが一番悪い!!! 
そんなことしてるから鬱になるんですよね。(大反省)

酷暑季の暑さとの付き合い方、そろそろ真剣に考えねば・・・!!!

2007.5.6 




→次の記事: モンキーパッチ

←前の記事: レトロワンピース


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.