Home > ぬいものch > むしゃくしゃした時はチクチク

むしゃくしゃした時はチクチク

あまり服を買わない私たち。
お金をケチってるというよりも、単に買いに行くのが面倒なのと、これは私個人の意見ですが“既製服にあまり興味がない”から。

娘の服も「着せたい」と思う服に殆ど出合わないからか(出合ったとしても、ビックリするほど高い!)、最近はとんと買ってません。

結果、娘の手持ちの服はどんどん小さく、汚くなってしまい、いつの間にか私が縫ったワンピースが娘の一張羅になっていました。


←このワンピースを縫ったのは、去年の4月。
当時娘には大きくて“服が歩いてる”ようでしたが、今ではピッタリ。

何に対しても辛口(毒舌?!)の夫が「(娘に)良く似合ってるから、あと2~3着縫ってあげればいいのに」なんて言うもので、単純な私は、“木に登りまくってしまい”(ブタです、はい!)、裁縫熱に更に拍車が掛かってしまいました。



手芸好きは、母の血をひいたようです。
母も時間があれば、縫い物したり、編み物したりしていました。
特に母はリメイク上手(!)で、着なくなったセーターを解いて、コタツの掛け布団にしたり、家に大量にあったタオルを縫い合わせてタオルケットを作ったり・・・w、美的センスはともかく(爆)、実用的なものを作らせるとピカイチでした。

そんな母に「家に余ってるハギレや布があったらちょうだい」と言ったところ、去年ドッサリ送ってくれました。
前述したように、センスはあまり期待してなかったのですが(ごめんなさい、お母さん:汗)、箱を開けてビックリ! 掘り出し物的布がたくさん入ってました!
嬉しくて大興奮の私!!!



特に気に入ったものが、

←黒地にアイボリーの水玉の布。

・・・どうです? 
見方によってはレトロなカンジがしませんか?!



この布を見た瞬間ピピッときました。

そうだ! この布を使ってワンピースを作ろう! 
コンセプトは“昭和ロマン”!?!
・・・と。
ちょっと かなりヘンですが、あえて“昭和”と“ロマン”をくっつけてみました)

デザインや使い方次第で、この布の良さを最大限に出せる! と確信した私。
イメージがむくむく湧いてくるこのカンジがたまりません!

すぐにデザインが決まって、裁断も終わり、得意の手縫いを始めたのが去年の11月頃・・・?(すみません、ハッキリ思い出せないぐらい前の話です)

出だしは好調だったのですが、

・・・大きな壁にぶち当たりました。

ファスナー付けです。
    ちなみに私は洋裁超初心者。
    ファスナー付けどころか洋服を作ること自体、中学校の家庭科の授業以来・・・!

行き詰まったもので、縫いかけのまま放置。
その後、月日はどんどん流れ~・・・・・。



・・・昨日、

溜まりに溜まった鬱憤が爆発しそうになり、自分でも気付かぬ内に、作りかけで放置していたそのワンピースを手に取っていました。

洋裁の本と睨めっこしながら、無心でチクチク手を動かす私。

で、難無くファスナー付けをクリア!

な~んだ、こんなに簡単なら、もっと早くにやっておけば良かった・・・。



←調子付いてしまった私は、娘が寝た後もチクチク夜なべ。

針を動かしながらコラムの文章を考え、文章が大体まとまったらPCに向かいパタパタタイピング。
行き詰まったら、再び針を持ちチクチク・・・。



ではアップにして、

←新作をチラリ。
(・・・って、この写真じゃ良くわからないですね、すみません:汗)


それにしても、昨日は思う存分手先を動かしたからか、頭がスカーっとして、気分爽快でした♪

実は最近娘の反抗期が本格化していて、常に心はザワザワざわついてるし、頭の中もぐっちゃぐちゃだし・・・
そんなカンジで煮詰まってしまった時、行き場を失った時、またストレスで押し潰されそうになった時、お気に入りの布を手に取り、チクチク針を動かしてると、怒り、焦り、苛立ち・・・、などの“”の感情がスーっと消えていきます。

裁縫は、今や私にとって“駆け込み寺”(←死語?)になりつつあります。



昔は、
1人になって頭を冷やしたくて、
1人きりになって色々考えたくて、
ふらふら異国の地を彷徨ったりしたものだけど、
今はそれが出来ないので、
裁縫をしながら自分だけの世界へトリップ~・・・。

下手したら、ひとり旅よりも効果あるかも・・・?

2007.1.25 


→次の記事: レトロワンピース


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.