Home > ぬいものch > ハロウィーン手作り衣装・コスチューム(1)

ハロウィーン手作り衣装・コスチューム(1)

今年もやってまいりました、ハロウィーン!
モンジが1ヶ月ぐらい前から楽しみにしてて、今年こそは衣装を作らねば! と思ってたのです。

去年のHalloween Dayの画像

一番左がモンジ



モンジ:「ふ~ん~・・・ハロウィーンてこんなかっこうするのねぇ~・・・」
〔写真:NIS提供〕


去年からインターナショナルスクール(の幼稚園部)に通い始めたモンジ。
何もかもが初めてで、私自身学校の行事を全く把握してなかった。
ハロウィーンも前日に“何かコスチュームがあれば着せてあげて下さい”とお知らせがあっただけ。
うーむ・・・ないからいっか、と制服で幼稚園にやった。
後から

「みんなおそろしいおようふくとかきてたよ~」

とモンジに聞かされ・・・反省
の画像を見て、さらに反省。(ゴメンネー、こんな母でぇ~・・・:泣)

今年は10月に入った時点で「どんな衣装にする?」とモンジと話し合ってきた。

・・・っと、その前にっ! それ以前の話ですが、田舎モンの私、そもそもハロウィーンてナニ?!? という問題にぶち当たった。(爆)
私的には“ハロウィーン=かぼちゃ、魔女、お化け、仮装パーティー”が思い浮かぶぐらい。
しかしそれらが何故リンクしてるのかわからない(!)、つまりハロウィーンについて全く理解してなかったのでちょいと調べてみました。

ハロウィーンはヨーロッパを起源とする民族行事。
ケルト人の1年の終わり(10月31日)の夜、死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出ると信じられており、これらから身を守る為、人間にとりつこうとする悪霊たちを追い払う為、仮面を被ったり、怖ろしい衣装を身にまとった。
キリスト教の広まるところであれば必ず祝われるという訳ではなく、むしろ地域は限定的である。


・・・にゃ~るほど。
だからみんなせっかくの仮装パーティ(?)なのに怖い格好するのね。(ま、でもハロウィーンに馴染みがない日本などは単なる“仮装パーティー”になりつつあるようだけど・・・)

話を戻して・・・
今回のハローウィンは

妖精モンスターみたいにする~」

とモンジ。

妖精モンスター・・・?!?!?

妖精なんかモンスターなんかどっちかにせーや! と思わずツッコミを入れたくなったが(苦笑)、ま、モンジらしいってことで、私は妖精っぽいコスチュームを製作すべく街へ出た時、ナイロンの生地を入手していた。
ところがっ! ある日突然

ねこちゃんのお面作る! 衣装はいらない

と・・・。
はーはー、そうでっか。好きなようにしなはれ(衣装作りの手間が省けてラッキー♪)、と放置。(一応お面作りには手を貸しましたが)


にゃお~ん


で、ハロウィーン前日。
またしてもお手紙。
そこには登園時に衣装を着せて下さいと書かれてあった・・・!

は? ちょっ、ちょっと待ってよ~~~ん!!!(汗・汗・汗)

こりゃマズイと、生地を引っ張り出してきて、大急ぎで製作に入ったわけです。

・・・でも、10分で出来たんですけどねー。(爆)


では、以下テーマは一応“妖精”。
作り方をどぞっ!
【用意するもの】

・スケスケのナイロン生地
・ゴム
のみw

あ、今回は右のピンクの生地のみ使用しました。

ところで!
モコが生地めっちゃ踏んでるんですがぁぁぁ~・・・!(泣)



1.縦38センチ、横2メートルに印をつけ、カット。

2.帯みたくなりました。

さて縫いますよぉ~!

3.平たい筒状に縫います。(ギャザースカートを作る要領)
この時注意!
ゴム通し穴の部分はあけて縫って下さい。(後にも先にも気をつけなきゃならないのはココだけ:爆)


4.折り線で折って・・・
(*アイロンの必要なし。てか、とけるー:爆)

5.そのままミシン。
(*端の始末の必要もなし♪ 基本的にほつれないので)

←ね、なんかフツーのギャザースカートみたいでしょ?

6.穴からゴムを通して出来上がり~♪

・・・出来上がり図は?

〈つづく〉 2010/11/02(Tue)
次のページ


→次の記事: ハロウィーン手作り衣装・コスチューム(2)

←前の記事: 手作りのベビー服・赤ちゃん用モンキーパンツ


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.