Home > ぬいものch > 手作りアイマスク

手作りアイマスク

久々に手縫いシリーズです。

ミシンを手に入れるまでは、手縫いで制作活動に励んでた私。
その殆どが娘のものでした。
袖なしブラウスから始まって、ズボン、帽子、スカート、ワンピース、リバーシブルエプロン・・・。

「娘のものばかりズルイ。オレのも作って」

と、夫がとうとうすね出しました。(苦笑)

「何作って欲しいの?」

と訊くと、

「色々あるけど・・・とりあえずアイマスクを作って欲しい」

と。

夫は、音に敏感なだけでなく、光にも敏感で、暗くないと(もっと言うと、暗室のように真っ暗でないと)熟睡出来ない体質なのです。
しかし、我が家の寝室は、部屋の構造上カーテンをしても多少光が漏れてくる・・・
ならばアイマスクを! という結論に達したようです。

よーし、夫たっての希望とあらば! と腕まくりする私。
メジャーで、夫の頭回り、顔の幅(!?)などを測って、準備完了!
早速、パソコンで型紙を作り、プリントアウト~。

・・・ん? 何かおかしい・・・。

ちょっとデカイかも・・・?!
娘の仲良し、ドラえもん君に
ちょうどいいサイズ・・・!

頭回り76cmのドラえもんにピッタリなサイズだなんて~・・・
採寸間違えた? パターン(型紙)を間違えた?!?

(あ、目は、殺風景なのでつけてみました)



パターンの作り直し。

上の紙→×間違い
下の紙→○正解(作り直したもの)

私、数字弱いからなぁ・・・。

将来は、自分でパターンをおこせるようになりたいのに・・・
アイマスクの型紙ごときで間違ってるようじゃ先が思いやられるな。(泣)



そうそう、失敗作はそのままドラえもんに装着させたまま寝室に置いていたのですが、夜、それを見付けた娘がビックリ仰天して、

もん~(*)、どうしたのー? どうしちゃったの~? いいこ、いいこ」

と言いながらスリスリしてました。

*↑の“もん~”というのは、ドラえもんのこと。当時2歳手前だった娘は、名詞を全て言えずに語尾で呼ぶことが多かったのです)



出来上がりです。

名付けて“寝ているのに起きてるおめめ”

「コレ、おめめだね~。おきおきして(起きて)、おめめ開けてるね~」

と娘がしきりに言うもので・・・。



刺繍部分をアップで。

・・・ちなみにこの目、夫には不評でした。

せっかく時間掛けて作ったのにぃ~・・・チッ。(泣)



2008/06/07  


→次の記事: 蝶の刺繍 ~手作り・手縫い作品~

←前の記事: 白の乙女ワンピ


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.