Home > 料理ch > タコライス風

タコライス風

昨年のある日、親しくさせて頂いているMさんから

「タコライスを作って欲しいんです」

という直々のリクエストを頂いた。

「タコライス? タコが入ったライス?!
つまり、タコご飯(タコ飯?)のこと!?
確か明石(兵庫県明石市)にそういうのがあったような~・・・。
ねー、○○スーパーに冷凍のタコ売ってたよね~?」

と、夫に訊く私。

「・・・タコが入ってるわけじゃないらしいぞ。沖縄では有名な料理なんだって」

と夫。

Mさんが送ってくれたタコライスのイメージ画像をじーっと見詰める夫と私。
スパゲティ・ボロネーゼのご飯版(?)に千切りレタスを山盛りにかけたカンジ。

「作り方は簡単らしい。
スパゲティ・ミートソースのソースに少しサルサソースを加えて仕上げ、後はご飯にそのソースをぶっかけ、とろけるチーズもふりかけ、その上に千切りレタスをかければいいんだと」

うむっ。実際に見たことも食べたこともないけれど、何となく作れそう。
Mさんたってのリクエストとあれば頑張って作るしかないでしょう!
それに・・・、何よりおいしそう♪ 是非食べてみた~い!(何を隠そう私はトマトソースベースの料理が大好きなのだ)


タコライスはメキシコのタコスがヒントになって出来た料理らしいが、どうして沖縄に根付くようになったのか少し興味を持った私はその日の晩ネットで調べてみた。

色んな説があるようだが、一説にはベトナム戦争時代、米兵を対象にした飲食店が、タコスでは満腹にならないだろうからとタコスをご飯に換えて出したところ意外にも好評で、それが次第に定着していったのが始まりだったよう。

・・・ナルホド。

沖縄では吉野家やケンタッキーにタコライスが登場したり、学校の給食のメニューにもなるほど普及しているそう。

・・・むむっ。沖縄ならでは! 
沖縄料理、興味津々。今度は沖縄料理を極めてみるか?



さてさて、初めて作ったタコライスは・・・?
んんんっーーー、といった出来だった。
私的には40点。(涙)
理由は、まずソースにもう少しスパイスをきかせた方が良かった、ということと、レタスをもっと細切りにした方が良かった、ということ。
私が見たイメージ画像のレタスが5mm~1cm大で切られていたので、それをそっくり真似た私が悪かったのだ。

大いに反省した私は、その後改良に改良を重ね(!?)、やっと納得いく味にたどり着いた。

以来、ひき肉を買い過ぎた時は必ず作る我が家の定番メニューとなった。
もちろん私も娘も大好物!(なのでMさん、是非また食べに来て下さいね~♪)


最後に題名を“タコライス風”にしたのは、私自身、本物のタコライスを食べたことがないから。
いくら改良を重ねたといっても、所詮私好みの味にしただけなので。
・・・いつか本物のタコライスを食べてみたいものだ。

写真右の野菜はキャベツではなくレタスの千切り。
極細に切ってふんわり仕上げるのがコツ。
ご飯(日本米)とチーズをふりかけたソースとレタスを良く混ぜて食べるのがポイント。






→次の記事: マーボー豆腐


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.