Home > 子供ch > 長女の長距離走大会

長女の長距離走大会

土曜日、長女の長距離走大会でした。
大会前、左足を軽く捻挫したり、足の親指の爪が巻き爪チックになったり、胃腸の具合が悪くてお腹を壊したり...
散々だった長女。
ホントに走れるの? 大丈夫?? と心配してたんですが「走るっ!」と言うので、無理しないように、と言って送り出しました。

さて。
定位置w
女子3キロは10時5分スタートだったので、そろそろかなあ、と待ち構えていたら来ましたっ!
長女、真ん中ぐらいで通過。
すごい!
やるじゃーん!
転ばないように~気を付けてー! と言って私は一人学校に移動。


ここは屋久島、ただの長距離走ではありません!
アップダウンが激しくて、ちょっぴりトレイルランが入ってるというか・・・
もちろん舗装された道を走るんですが、傾斜が半端ないの~! (*_*)
上り坂なんて本当に苦しそうで見てらんない。
平坦な道を走らせてやりたいと思うも~屋久島にはそんな道にゃいー。(´・_・`)

学校のグランドが唯一平ら。
ここがゴールです。


長女、頑張ってます!


この後ゴール。

40人中26番だったそう。
帰宅部で26番はスゴイ!
私も中学時代、持久走大会は大体真ん中ぐらいでしたが、バレー部で毎日走って鍛えてて ですから。バレー部の中ではもちろんビリの方でした。長距離走ホンっト嫌いだったんです。。。


中学男子5キロ。
たくましい走りです。小学男子の走りはまだ子供っぽくて微笑ましいですが、中学生になるとこうも変わる?! カッコイイ◎
これぐらいの(大人になる手前の)年齢って独特。女子はぽっちゃりしててかわいいし、男子もどんどん男っぽくなってて~... なんとも言えない魅力があります。
ウチも男の子がいたら、息子を見てキュンキュンしたりするのかなあ~...(*´ω`*)
息子がいる人がちょっと羨ましい...♡

いつもなら自分の娘の出番が終わると即撤収! なんですが、屋久島自転車一周を応援に行って以来、なんだか男の子たちにも情が湧いてきて・・・(自転車一周の時かなり名前も覚えましたし...w)

「〇〇君、がんばれ~!」

と最後までしっかり応援しました。

(屋久島自転車一周の話は時間がある時必ず書きます! 感動したんでぇぇ...)


応援する時、私は娘の名前を叫び

「〇〇がんばれー!!!」

と言うのですが、ふと我に返って他の保護者を眺めてると、我が子が目の前を通っても、手をたたくだけか名前は呼ばず「がんばれー!」と言うだけ。
なんだか大人ってカンジでスマートなんです。
片や私は誰よりも熱くなって「〇〇ーーー!」と叫んでる...! 我ながら幼稚。(>_<)
がんばれ! だけでもいいんですが、〇〇と名前を呼んで "私はあなたを応援してますよ" とダイレクトに伝えたいんです。

我が子だけでなく名前を知ってる子は「〇〇ちゃんがんばれ~!」とやはり名前を呼んで応援します。
〇〇君の弟ということは知ってるけど、その子の名前は知らない場合「〇〇君の弟がんばれー!」ってカンジでw
顔も名前も知らない子はゴメンナサイ、がんばれーー! だけです。(^_^;
ま、次女のクラスは14人、長女のクラス30人(?)と小規模だから覚えられるんですが...
田舎の学校ならではですね。。。



・・・5年前、小学4年生の時の持久走大会。
日本に来たばかりで、右も左も分からず右往左往、暗中模索してた頃の長女...。
タイのインター校では体育(PE)といえばお遊びで・・・真剣勝負で長距離を走ったりすることなどなかったんです。
無論ビリだったんですが、走り切っただけで大拍手!!
感極まるってこんなことをいうのでしょうね、娘の走る姿見ながら大粒の涙を流してました。。。
今でもこの画像は私の宝物。
デスクトップに置いていつでも眺められるようにしています。。。



仲良しのSちゃんと...
ほのぼの~♡

中学生活も残り3ヶ月。
最後まで楽しんでね。


2019/12/17(Tue)   


→次の記事: 小4と中3の冬休み(1)

←前の記事: 次女の持久走大会


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2020
© unagi.tv
All Rights Reserved.