Home > 植物ch > 空芯菜をプランターで栽培してみる

空芯菜をプランターで栽培してみる

先日の "東南アジアの集い"(といっても3人だけだけどーw)で野菜の話題になり、フィリピン人・Jとインドネシア人・Pが

「屋久島はカンコン手に入らないのが残念だよね~・・・」

としきりに残念がってた。

「ねえ、カンコン知ってるよね?!」

と2人私の顔を覗き込む...

「・・・?・・・」 (゚_゚) ポカーン

...2人の話を総合すると、空芯菜らしい、という結論に達した。

―――数日後―――

近くのスーパーでサクッと発見・・・!!
"エンサイ" と書かれてたが、どう見ても空芯菜。
122円と安いし、喜び勇んで買って帰った◎


じゃーーーん! 久々の "パックブン・ファイデーン"♪(タイの空芯菜炒め)
シャキシャキの歯触りが懐かしくて嬉しくなったが、タオチオ(タイの豆味噌ソース)がなかった為 味が再現し切れず 残念だった。
やっぱりネットショップでタオチオ注文しちゃおうかなあ~・・・
カオマンガイ作ろうと思ってたところだし...
夫と要相談だな。


数日後、夫が釣り帰りに同じスーパーでまーた空芯菜買って来た。

これは食べずに増やしたい!

と思い、水に浸しておいたら、案の定 根が生えてきた・・・!


根、見えますか~?

今朝、プランターに移しました。
右端に申し訳程度に植えてるのはわけぎw おとーちゃんが植えました。
空芯菜もわけぎも水と太陽の光がたっぷり必要なので、水道の近くで1日中お日様に当たる場所にプランターを設置しました。(←なかなか合理的でしょ? これなら不精の私でも水やりするだろうと...w)
JとPにお裾分けするんだから、元気に大きくなっておくれ~!

ところで。
空芯菜は、日本ではヨウサイとかエンサイとかアサガオナと呼ばれるそう。
フィリピンでは、kang kong(カンコン) ← !
インドネシアでも kang kong(カンコン) ← !
タイでは、パックブン
カンボジアでは、トロクオン
ベトナムでは、ザウ ムォン
というんですって!
オーストラリア英語でもフィリピンの "カンコン" を用いるそうですよ。(wikipediaより)
...なるほどね~、だから2人共フツーに「カンコン」といってたんだ。
カンコン、覚えました!w

〔おまけ〕

パクチーも順調に育ってますよー。

もっともっと大きくな~れ~!
ワッサワッサ生えて、ワタシの胃袋を満たしておくれー!
ニヒヒ。

と... 気分はヘンゼルとグレーテルに出てくる魔女のおばあさん...!(笑)


あ、そうそう、フィリピンで思い出したけど、今日フィリピン料理 "シニガン" に初挑戦します!
この前 Jのお家でご馳走になった時、とっても美味しかったので~... あとちょうど家に材料があるので。
楽しみだニャ~♡
2015/08/13(Thu)   


←前の記事: 日本でタイ料理のハーブを栽培してみる


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.