Home > 日々ch > よもぎパラダイスで幸せにひたる

よもぎパラダイスで幸せにひたる

離島の春休みはあっという間に終わってしまう(ような気がする)。
春休み前半は、任期を終え本土に帰られる先生の送別会、離任式そして港への見送りでほぼつぶれてしまい、後半約1週間がやっと本当の春休み。
といっても、小学校は登校日(新年度準備)があるので、正味5日。
そのうちの2日は "春のデトックス" で私が寝込んでしまったので (。-_-。) 残りわずか3日がまともな春休みでした。

「体調良くなったら、かからん団子作りにおいでね~」

と友人Rちゃんが誘ってくれてたので、復活した翌日4月3日、次女を連れてRちゃん宅に遊びに行って来ました~♪


まずは "かからん団子" の説明。

鹿児島県の薩摩半島中部~南部・大隅半島、種子島、屋久島でつくられる草餅の一種。(by ウィキ)

ま、要するに "よもぎたっぷりの草餅" なんですが、かから(ん)の葉に包んでるので "かからん団子"。
素朴で懐かしい味がする鹿児島の郷土菓子です。


Rちゃん、よもぎを摘むところから手ほどきしてくれましたー。\(^o^)/ ワーーイ!!

見て、見て~! ここ、Rちゃん夫妻が借りてるビニールハウス...!
一歩足を踏み入れた時

ここは天国?
それとも楽園??

と(゚_゚) ポカーン としてしまった。
私にとっては、色とりどりの花が咲き乱れる秘密の花園よりずっとずっと魅力的な場所でした◎


一応(!)パッションフルーツを育ててるようですが、足元はよもぎがわっさわさ、よもぎパラダイス~!!
あーもうステキ過ぎるっ♡


春よもぎは、新芽から4枚数えて摘むのがポイントだそう。
この時、アブラムシなどがついていないか要チェック!

よもぎに関しては前々からすごく気になっていたのですが、摘み方とかアク抜きとかなんだかややこしそうでぇー・・・私には手の届かない世界~と諦めていたんです...(´・_・`)
なので、Rちゃんが手取り足取り教えてくれて、本当に嬉しかった!
Rちゃん、ありがとう~。(涙)


よもぎの森の中でゴソゴソ動き回る物体がっ・・・!

ニワトリの子供でした~w
(^m^)ムフ かわゆい♡

しかし、なんだろう、ここにいるだけでトロロ~ンと平和で穏やかな気持ちになる...
しばし多幸感に包まれ、あちゃらの世界にトリップしてたワタシでしたww


摘んだよもぎを手に、Rちゃん宅に移動。

そうそうRちゃんのお家は、なんと、ご主人のT氏(夫の釣り仲間&我々の飲み友達)が自作した家なんです・・・!
大工さんでも何でもないんですよー、すごいでしょ~、ビックリ。(◎_◎)
あっ、ちなみに建築法云々かんぬんは屋久島はうるさく言われないよう・・・^ ^
島の住民がアワビ(もどき。トコブシやアナゴetc)や伊勢海老を獲っても基本的にお咎めなしだし(但し、自分たちが食べる分だけ!)、離島は色々ゆるゆるなんです。 d(^o^)b グーー!


ここに来ると心底ホッとする。
40年前、田舎(熊本・天草)に里帰りした時にタイムスリップしたような... はたまた北タイの田舎に遊びに行ったような... とにかく懐かしさで胸がいっぱいになるんです。

細胞レベルで沁みるカンジ?

庭でニワトリが放し飼いにされてたり、古いドラム缶で作った燻製器が無造作に置かれてたり~... 好き過ぎるーっ、この空間!


Rちゃんちの長男A君が

「ニワトリちゅかまえたよ」

と見せに来てくれました。
この子が超~可愛いのっ!
ニワトリごと連れて帰りたかった。(>_<)


我が家の次女は、ベンテンと名付けられたワンコとすっかり仲良しになって、2人にしか分からない言葉で会話しておりましたww


そんなこんなで... Rちゃんのお陰で

遠い遠~い田舎に遊びに行ったような
旅好きな私の旅情をそっと満たしてもらったような

そんな満々と満ち足りた気分で家路につきました。
春休みで一番の思い出になったよ♪
最高だった◎
ありがとね、Rちゃん。。。

次は、かからん団子作りのお話~♪

2018/04/08(Sun)   


→次の記事: 永田方面へ

←前の記事: 趣味は家族と日々楽しむことです


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.