Home > 日々ch > 親友とランチ

親友とランチ

思えば私は非常に恵まれてたのかもしれない...
生まれた時から一度も引っ越すことなく 地元の小学校、中学校、高校にフツーに通い、それが当たり前のように生きてきた・・・
高校時代はとにかく楽しかった。
高校の部活仲間は 今でも大親友。(今はそれぞれ散らばってしまって滅多に会えないけど、大切な心の友)
高校を卒業してからも 会って話したり一緒に遊びに行ったりするのは決まって地元の親友たちだった。
20代半ば頃から旅にハマって、年に半分は海外、半分は日本で働く という日々を送っていたのだが、海外から戻ると、地元の仲間たちが温かく迎えてくれた。
・・・欠点だらけの私をそっくりそのまま受け入れてくれた仲間たち・・・
そんな友人たちのお陰で “素”のままの自分でいいんだなあ... と少し自信が持てた。
安心して本音トーク出来る友人たちは 私の人生には欠かせない大切な大切な存在―――。


この日は、高校の部活仲間・Aとランチ。
午前中 しっかり次女を公園で遊ばせて、子供たちにお昼ごはんを食べさせた後、待ち合わせの場所へGO!(実家だからなせる業! 実家バンザイーー◎)

Aとは2008年に長女連れでチラッと会ったっきりなので、実に6年ぶり。
その間お互い色々ありながらも、6年のブランクを一切感じさせないこの距離感ってナニ?!?
心の距離...?
学生時代からの友人って とにかく心の距離が近い。
だからラクだし、一緒にいて心から楽しめる。
Aに会った瞬間から えもいわれぬ安心感に包まれて、いつの間にやら高校時代の私に戻ってた...。

さて、ランチは私たっての希望でスパゲッティ専門店RYURYUで。
学生時代から通い詰めたお店。
懐かしい味に舌鼓を打ち、話も弾む弾む~・・・
ワタクシ大のパスタ好きでして 家でも良く作るのですが、何気にRYURYUの味を参考にさせてもらってるのですよ、特に創作系!

ランチの後は、リバディフェアーを覗きに西宮・阪急へ。
Aは親友たちの中で唯一ぬいもの好きで、自身の子供たちの服を型紙なしでササっと縫い上げる腕前なのだ。
年甲斐もなく2人でキャッキャいいながら物色し、切り売りの生地をゲットー。
趣味の合う友達との買い物はすんご~く楽しい◎
こんな楽しさがあったんだなあぁ・・・ 長らく忘れてたな・・・
としみじみしてしまった。

別の日は、Rも合流して3人でランチ♪
Rも高校時代の部活仲間。
はー、このメンバー心底ホッとする。
向かったのは、Aおすすめの芦屋の『Aglio』。
またまたパスタだすw

美味しいお料理を囲み、話はエンドレスに続く―――。

・・・このメンバーでなんだかんだ3~4回集まったでしょうか?
それもこれも実家にゆっくり滞在出来たお陰。 感謝、感謝!

――友は宝――
友達がいなくても生きていけるけど、友達がいれば豊かな人生が送れる...
私はそう思っています。


2015/01/21(Wed)   


→次の記事: そろそろお別れ

←前の記事: 自然を求め北山緑化植物園へ


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.