Home > 料理ch > 手作りナンの作り方・レシピ

手作りナンの作り方・レシピ

ついに粉モノ(小麦粉)に手を出したとーちゃん。
一向にパンやケーキを焼こうとしない(その気配すらない)私へのアピール・・・!?!(苦笑)

「ぬいものするのは結構だがその半分の時間をパン焼いたりお菓子作ったりするのにまわして欲しい」

というのがとーちゃんの言い分。
・・・うーむ、確かにぬいもの楽し過ぎてちょっと時間があればそればかりしてる。
けどこっちの言い分としては、凝り性の私、粉モノに手をつけたが最後まんまとハマってますます時間配分が難しくなるっ?! と危惧してるのでR。
要するに時間が全然足りないのだ。
家事育児の他ぬいものしたり書いたり(たまに“描く”方も)で既に手一杯。
これにパン・お菓子作りが加わると、後はもう寝る時間を削るっきゃない。(すいません無能なんで処理能力ないんです)
まぁ~、しかし、とーちゃんたっての希望だし、手作りお菓子・パンは市販品より体に良い、何より買いに行く手間が省ける!(コレが一番嬉しい!)なのでこれを契機にボチボチ始めてみようかな、と・・・。(とーちゃんの罠にうまく引っかかった:笑)

以下(はかりまだ購入してないんで)目分量で作った原始的レシピですw
(*レシピ・製作はおとーちゃん、私はこねるのちょっと手伝っただけで撮影担当)

材料:
薄力粉 1キロのパックの大体3分の1
イースト 小匙1
砂糖 小匙3
塩 小匙1
バター 小匙1~2
必要であればオリーブ油


を混ぜてコネコネするだけ。
いつもながらアバウト過ぎてゴメンナサイ~!(汗)
こねた後は30分ほどそのまま放置して発酵させる。(タイは暑いんで常温で十分発酵するのだw)


ガス抜きして軽くこね、うすーく伸ばしてフライパン(または分厚い鉄板、もちろんオーブンでも!)で両面焼けばOK!
ね? 簡単でしょ!?
ポイントは打ち粉をしっかりして伸ばすこと。


焼き上がりはこんなカンジ。
目分量でテキトーに作ったわりには上出来。(笑)
アツアツの内にバターぬったらバターナン、ガーリックソルトぱらぱらふったらガーリックナンの出来上がり~。


油がはねるんで屋外の第2キッチンでベーコンを焼く。
←コレ子供用。

大人は・・・

もちろん辛~いカレーと一緒に♪



ナン、子供たちに大好評!
モコは例によって“至福のポーズ”・・・


要するに“寝食い”なのだが、おいしいものを食べると必ずこうなるのだ。
そういえばモンジも赤ちゃんの時してたなぁ・・・
なんなのだろう? 寝ながらミルク飲むのと同じノリ・・・?!?
ともあれ、躾なってなくてスミマセン!!


子豚さんしみじみ味わい中w


ゴクゴクゴク・・・
ごちそうさまでした。


レシピはまだまだ改良の余地あり。
実は私昔製菓学校に通ってたことがあって・・・
バイトばかりしてサボりまくりのダメダメ生徒だったがその後一応神戸のパン・ケーキのお店にも勤めた。
そんな経緯もあって実は粉モノには馴染みがある。
今回もコネコネしてて昔の感覚が蘇ってきたというか~・・・
ヤバッ、のめり込まないようにしなきゃー!
2011/04/18(Mon)   


→次の記事: もやしレシピ・料理【豚肉にらもやし炭火鉄板炒め】

←前の記事: 坦々鍋のレシピ・作り方


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.