Home > 料理ch > ひな祭りの料理レシピと献立(2)

ひな祭りの料理レシピと献立(2)

“ひな祭りの料理レシピと献立(1)”の続きです。

ひな祭りなので、ちょっぴり豪勢に見える(苦笑)料理を作りました。
材料は、冷蔵庫にあるものと近所の市場で手に入るものだけなので、殆どお金はかかってないんですよ~!

以下、ひな祭りの節約レシピです! どうぞっ

【その1】豚の冷しゃぶサラダ



◇材料

・豚肉
・レタス、キャベツ、トマトなどお好みのサラダ用野菜

--A--
☆中華風味のごまドレッシング(市販品でもOK)
☆醤油
☆レモン(マナオ)の搾り汁

◇作り方

1.豚肉をさっと茹で、冷水にさらした後、ザルにあげて水気を良くきる。

2.上記Aの☆印を全て混ぜ合わせる。

3.2のタレに1を漬け込み、冷蔵庫でマリネ。

4.サラダ用の野菜の上に3をトッピングして出来上がり~。

〈注〉

・食べる時、サラダとお肉を良く混ぜて下さい。

・タレが足りなければ、適量追加して下さい。



【その2】我が家のちらし寿司



◇材料

・干し椎茸
・にんじん
・きぬさや
・椎茸
・オイスターマッシュルーム
コチラの写真参照

--A--
☆干し椎茸のもどし汁
☆だし汁
☆砂糖
☆醤油
☆酒またはみりん

・米
・昆布
・水

--B--
☆酢
☆砂糖
☆塩
(酢と砂糖の割合は3:1)

・卵
・きぬさや
・海苔

◇作り方

1.干し椎茸、にんじん、きぬさや、椎茸、オイスターマッシュルームは、適当な大きさに切り、上記Aの☆印全て入れて、煮汁が少なくなるまで煮る。

2.米+水に昆布を入れ、いつもより固めにご飯を炊く。

3.上記Bの☆印全て混ぜ合わせて火にかけ、人肌程度になったら火を止める。

4.2のご飯から昆布を取り出し、3のすし酢をまんべんなくかけ、ご飯を切るように混ぜてすしご飯を作る。

5.4に1の具を混ぜる。

6.5に錦糸卵と塩茹でしたきぬさや、海苔などをトッピングして出来上がり~。

←出来上がりの図。

うーむー・・・彩り的に“赤系”が足りない!

イクラはなかなか手に入らないので諦めるとして、せめて塩茹でしたにんじんをお花のぬき型でくりぬいて散らす・・・ぐらいの工夫が欲しかったなぁぁぁ・・・と後になって反省。



【その3】軽くつまめるおかず色々

←子供バージョン。

・プチトマト
・うずらの卵
・アスパラベーコン

娘はおかずよりもウサギさんやら象さんやらのピックスが嬉しくてたまらなかったよう。
子供ですからね。
(ちなみにコレはこの時買ったもの
アンチ・プラスチック+キャラクター嫌いの夫は、「こういうのを与えるのはあまり良くない」と、ひとりブツクサ文句を言っておりましたが。(いいやんねー!? たまには!)



←大人バージョン。

上記にオクラがプラス。

真ん中の醤油は、例の“自家製唐辛子醤油”。(あ、このレシピもアップしなあかんかったな・・・近々アップしますんで少々お待ちをぉ~!)

この唐辛子醤油、非常にお利口さんで、泣けるほど何にでも合うんですー!!!



ところで
このつまようじ、手を汚さずパパッと食べられるからいいでしょ?(お箸で食べればいいやん、っていうツッコミはこの際なしってことで:汗)
手を汚しながら物を食べるという行為を忌み嫌う夫も「こりゃいい」とご機嫌でした。



【おまけ】バナナの葉

日本だったら笹の葉などを使うのでしょうが、ここはタイ。バナナの葉で代用しました。

残念ながら我が家にはバナナの木がないので、市場でバナナの葉を購入。
巨大な葉っぱが2~3枚セットになってて、約\15(5B)! 安過ぎです。

←葉っぱの裏表キレイに洗って、風通しのいい所で乾燥させてから使います。

ちなみに、葉っぱの下の竹ザルは、1つ約\30(10B)! これまた安過ぎです~・・・。

〈おわり〉 2009/03/03(Tue)

→次の記事: カレーの薬味・玉ねぎのピクルス

←前の記事: ひな祭りの料理レシピと献立(1)


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.