Home > 料理ch > 鶏つくね鍋のレシピ

鶏つくね鍋のレシピ

日本は寒い最中でしょうか。
こちらは数週間前の冷え込みがウソのようになくなり、日に日に夏に向かってる感じです。
庭のマンゴーの木も、ビー玉サイズの赤ちゃんの実から直径3~4センチほどのミニチュア版の実まですくすく元気に成長中~!
黄金色のマンゴーがたわわに実るタイの夏もすぐそばまできています。

日本や北半球の寒い地域にお住まいの方は、まだまだ“鍋”の季節が続きますね。
ちなみに我が家は、暑くなっても鍋は必須です!(笑)
汗(+鼻水?)を流しながら食べる鍋もなかなかオツなもんなのです~。( !?)

・・・ってことで、本日は“鶏つくね鍋”ご紹介します~。



鶏つくね鍋

→中華風味なので和風の鍋に飽きた時どうぞ! タレを工夫すると食べ方のバリエーションがぐぐっとアップ! 鍋パーティーにも最適です♪

◇材料

---鶏つくね---
☆鶏の挽き肉
☆ねぎ
☆生姜(少々)
☆ニンニク(少々)
☆しょう油(少々)
☆酒(少々)
☆塩(ほんの少し)
☆胡椒(ほんの少し)

---タレ---
★自家製唐辛子しょう油
★ごま油
★ラー油
★しょう油
★豆板醤(好みで)
★おろしニンニク(好みで)
★チリパウダー(好みで)

・鶏がらスープ+干し椎茸のもどし汁(少々)
・長ネギ
・白菜
・大根
・にんじん
・干し椎茸
・きのこ類
(野菜類は、冷蔵庫の余り野菜でOK!)

◇作り方

1.鶏のつくねを作ります。
上記☆を全て合わせて、手でよくこねます。
生姜、ニンニク、しょう油、酒は、臭み消し+香り付け程度ですので、ほんの少しでOK。入れ過ぎないよう注意して下さい!
トロンと滑らかな手触りになったら、“一応”丸めます。

改良版もご参考に。

2.土鍋に鶏がらスープ+干し椎茸のもどし汁(少々)を入れ、火にかけます。
沸騰したら、大根、にんじん、干し椎茸、きのこ類を入れます。
具にある程度火が通ったところで、1を入れます。
スープがグラグラ沸騰してる時に、1をスプーンで丁寧にすくい、そっと鍋に入れて下さい。

3.2の灰汁を取った後、白菜と長ネギを入れてひと煮立ちさせたら出来上がり。



タレについて・・・

タレは、あくまでもお好みで
上記★は一応タレの材料ですが、お好みのものを好きな分量だけ混ぜて、味付けして下さい。

例えば私だったら・・・
-自家製唐辛子しょう油
-ごま油
-ラー油
-しょう油
-おろしニンニク
-チリパウダー
-スープ少々
を混ぜて。

娘は・・・
-ごま油
-しょう油
-スープ少々
を混ぜ混ぜ~。
しょう油ラーメンのスープみたいな味になってます。

夫は・・・・・知らね。(爆)
彼は私ほど辛いものを食さないので
-自家製唐辛子しょう油(少し)
-ごま油
-しょう油
をミックスして、スープでといて食べてたと思います。



写真左が自家製“唐辛子しょう油”です。
庭で収穫した唐辛子を使って作りました。
良く見ると、瓶の底に緑の物体が沈んでいるの見えませんか?
・・・ともあれ、夜撮ったので画像がハッキリしないので、また後日レシピと共にアップします~。



おまけ♪

タイ産ジャポニカ米です。
新米なのか、ふっくら艶やかで柔らかく・・・
何杯でもおかわりしてしまいそぅ。あわわっ。
こ~れは、か~なり キ ケ ン。(汗)



2009/01/27  




→次の記事: 庭にてインドカレー煮込み中(1)

←前の記事: 中華風カツ丼・排骨飯の作り方


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.