Home > 料理ch > 中華煮物・鶏のオイスターソース煮込み

中華煮物・鶏のオイスターソース煮込み

バンコクの空港は、依然閉鎖したまま・・・
そして、朝の冷え込みも日々新記録を更新中。



本日、12℃! (6:55現在)


朝ご飯を食べる頃(9:00頃)も20℃をやっと超えるぐらいで、半袖+長袖+フリースを着込み、日向でぽかぽか光合成しながら朝食をとりました。
いや、こういった気候は、1年中続いて欲しいと切望するぐらい好きなのですが、ただ、日頃がめちゃ暑い土地柄なだけに、いきなりここまで冷えると、ちとこたえるのです。







目先必要なお金を稼ぎつつ、将来の為の仕込みもし、そして今回のような緊急事態の際には、その対策をも考え・・・
と休む暇なく脳をフル回転させて、家族の為、頑張ってくれてる父ちゃんの為に出来ること・・・

【その1】明るい食卓の維持
→この状況下、暗くなる要素は山盛り・・・陰の世界に入りたければ、どこまでも入り込めそうな状況ですが、悲観的になっても仕方がないし、“どんな状況であれ、明るく”が我が家のモットーなので・・・
ってか、そんなこと意識しなくても、我が家の4歳児がぁぁぁ・・・しっかり笑わせてくれます。
ホント、笑いたくなくても、つい噴き出してしまう・・・子供がいるだけでこれだけ違うものでしょうか・・・?
彼女のお陰で、終始笑いの絶えない明るい食卓です。

【その2】心のこもった料理を作る
→何だかんだ言っても“家ごはん”を一番好む夫。
やはり家が一番寛げるようですし、濃い味付けの外食はすぐに飽きてしまうようです。

質素だし、簡単なものばかりだけど、一応“一汁三菜”です。
これでも一応専業主婦の端くれ、家族の健康を考え、栄養バランスの摂れた“一汁三菜”を目指しています!(←いちおうw)


---献立---

・鶏のオイスターソース煮込み
・かぼちゃの煮物
・茹でたオクラ
・豚汁



鶏の手羽元&手羽先とかぼちゃは、朝から煮込みました。
朝から用意すると、後々楽なのです。

しかし、このかぼちゃ・・・輸入品を多く扱うスーパーで買って来たのですが、うーん、やっぱり思ってたのと違ってて、ガックシ。
日本の粉が吹いたホクホクのかぼちゃが食べたい~!(涙)
こうなりゃ、日本から種を持ち帰って、育ててやるんだっ!



豚汁とオクラは夫の好物。
嬉しそうに食べてました。

豚汁を美味しくするコツは、やっぱり具沢山にすることでしょう。





中華煮物・鶏のオイスターソース煮込み

→・・・簡単すぎてゴメンナサイ!(爆)

◇材料

・鶏手羽元
・鶏手羽先
・エリンギ
・生姜

☆オイスターソース
☆マッシュルームソース(隠し味なのでほんの少し)
☆酒
☆塩
☆胡椒
☆片栗粉

◇作り方

1.鶏がらスープを熱し、沸騰したら、鶏の手羽元・手羽先、エリンギ、生姜のスライスを入れ、丁寧にあくを取る。

2.酒を加えて煮立った後、オイスターソースとマッシュルームソース(少々)を入れ、弱火にして煮込む。

3.鶏に火が通ったら、塩・胡椒で味を調え、最後に水溶き片栗粉を加え、少しとろみをつけたら出来上がり。

〈注〉マッシュルームソースの代用として、干し椎茸のもどし汁を少し入れてもOKです。



何気なく買ったマッシュルームソース。

あまり期待してなかったのですが、きのこのうまみが凝縮されてて、なかなか使えます。

タイは、調味料類がやたらと充実してる気がします。



2008/11/30  




→次の記事: 中華風カツ丼・排骨飯の作り方

←前の記事: 洋風鍋料理・ポトフ鍋


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.