Home > 料理ch > チンゲン菜のおひたし【野菜レシピ】

チンゲン菜のおひたし【野菜レシピ】

スーパーでチンゲン菜が安かったので、購入。
青菜が食べたかったので、ちょうど良かったです♪

チンゲン菜を使った料理というと・・・
野菜炒め、排骨飯(パイコーハン)、
←米麺の具沢山あんかけ(具:チンゲン菜,鶏肉,干し椎茸,きぬさや)ぐらいで、我が家では比較的出番の少ない野菜です。

この日は、いつもと思考を変え、すっきりさっぱりした味のおひたしを作ってみました。



チンゲン菜のおひたし

◇材料

・チンゲン菜
・生姜
・ネギ

☆しょう油
☆砂糖
☆酢
☆唐辛子味噌または鷹の爪の輪切りなど(好みで)
☆ごま油

◇作り方

1.熱したフライパンに油を引き、チンゲン菜を軽く炒めた後、水を入れて茹でる。

2.チンゲン菜を茹でている間に、上記☆印を合わせて、生姜の摩り下ろし(微塵切りでもOK)、小口切りにしたネギ、好みで唐辛子味噌または鷹の爪の輪切りなどの辛味調味料を入れ、混ぜ合わせる。

3.1が茹で上がったら、チンゲン菜をザルにあげて水気を良くきる。

4.チンゲン菜を食べやすい大きさに切り、2で合わせておいたタレをかけて出来上がり。

〈ポイント〉食べる時、チンゲン菜とタレを良く混ぜて下さい。




・鶏肉と野菜の煮物
・ピーマンと生姜の炒め物(“なす第二弾”参照)
・チンゲン菜のおひたし
・キャベツとエリンギのお味噌汁



突如、煮物が食べたくなって、朝からコトコト煮込みました。
ピーマンと生姜の炒め物は、片栗粉でとろみをつけて、具にしっかりソースをからませました。
チンゲン菜のおひたしは、シャキシャキしてて歯ごたえ抜群。
さっぱりしてるので、箸休めにもGOOD!
ちなみに、このおひたしの美味しい食べ方は、一晩置いて翌日食べること。
歯ごたえはなくなりますが、“浸透圧の原理”(←夫から教わりました:汗)でタレが中までしっかり染み込んで美味しくなるのです。味も心なしかマイルドに・・・。
おかずというより、漬物に近いカンジになるので、お弁当にもいいかも? その場合、汁気を良くきって下さいね。 



煮物は、じっくり時間をかけて煮込んだので、鶏肉も大根もホロホロッで、柔らか~・・・。



・・・っと、久々に野菜たっぷりのヘルシーメニューと相成った訳ですが、
でも、ちょっとヘルシー過ぎないっ?!
これじゃ、肉食の夫は、物足りないはず・・・



・・・ご安心下さい。



先月から、余程忙しい時、または雨が降っている時以外は、夕方、親子3人でお散歩するのが日課になっているのですが、この日、お散歩の帰り道・・・

←串焼きの屋台で、(豚肉,鶏肉)をたんまり買い込んでしまったのです。(笑)

ウチは一応(?)自炊が中心なので、あまり屋台で買い物したりしないのですが、この串焼き屋台だけは、中々素通り出来ないんです。
だって、ビールのおつまみに最高! なんですものー。(爆)



↓甘辛いタレに漬け込んだ豚肉を炭火であぶったもの↓
アップで見ると↓↓↓こんなカンジ

うま~~~い~~~♪


夕食前に、大人2人は氷入りビールを飲みながら、チビは冷水を飲みながら、こんなものをムシャムシャ食べていたのです。(笑)




・・・ということで、肉と野菜、なかなかバランスのとれた(?!)夕食でした。

2008/09/13  




→次の記事: 洋食屋さん風・甘口ポークハンバーグ

←前の記事: ライチ酒とミニおでん


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.