Home > 料理ch > 焼肉のタレの隠し味

焼肉のタレの隠し味

先日、数名のゲストを招いて庭でBBQパーティーをしました。

久しぶりのBBQパーティー。

目の前でジュージューお肉を焼いてると食欲も倍増! ついつい食べ過ぎてしまいます。
お陰で翌日は胃がもたれて大変でした。(汗)



・・・それにしても、

こちらの豚肉は美味しい♪


柔らかくて脂の乗った豚肉は、するする胃袋に入っていきます。


お肉の美味しさを引き立てるのは、何といってもタレ
こればかりは手を抜けません!
手作りなので手間が掛かりますが、美味しく食べる為ならひと手間でもふた手間でも掛けちゃいます。



我が家では、BBQの際、大体3種類のタレを用意します。

1.めんつゆ+マナオの絞り汁+大根おろし
めんつゆは手作りです。たくさん作って冷蔵庫に常備しています。調味料としても使えるので重宝しています。
これにマナオ(タイのレモン)をたっぷり絞ると、ポン酢の出来上がり。
更に大根おろしをたっぷり加えて、おろし焼肉風にして頂きます。

2.黒胡椒+天然塩+マナオの絞り汁
酸味が強く塩辛いのでたくさんは食べられませんが、特に脂の多いパーツはさっぱり頂けます。

3.ピリ辛焼肉のタレ風
塩(多め)、砂糖(少し)、鶏がらスープ、酒、みりん、チリペースト(小さじ2)、しょう油、ごま油、長ねぎのみじん切り、にんにく1かけを磨り下ろしたもの、生姜の絞り汁、ゴマなどを合わせて作ります。
研究に研究を重ね、行き着いた自家製のタレ。
今となっては、市販のタレよりもおいしく感じます。(自画自賛、スミマセン:汗)
上記の材料に、隠し味としてりんごジャムを少し加えると、いっきに味にまるみが出て、まろやかになります。
ちなみに、りんごジャムも手製です。



おまけですが、ジャム作りの工程を少し・・・。

乾季のある朝、市場へ行くと、りんごが山積みにされて売られていました。
美味しそうだったので、ついたくさん買ってしまいました。

家に帰って食べてみると・・・、

ちょっとがっかり。

一応甘かったのですが、モソモソしてて、味がぼやけていました。


全部食べ切れそうもなかったので、ジャムを作ることにしました。



少し酸味を加える為にマナオをほんの少し入れました。


マナオとは、タイのレモンのこと。
←見た目はすだちやかぼすのようです。

和食に良く合うので、我が家の冷蔵庫には必ず常備しています。



りんごとマナオを適当に切り、砂糖を適当に入れます。(何でもテキトー:汗)



しばらく煮込むと、りんごから水分が出てきて砂糖が次第に溶けていきます。



沸騰した後は、弱火でコトコトと・・・。



しばらく弱火で煮込んで、りんごがしんなりしてきたら出来上がり。







・・・って、作り方もテキトーです。これであってるのでしょうか?!(爆) 

我流ということで、テキトーに流して下さい・・・。(汗)






パンにつけて食べることはあまりありませんが、カレーやソースなど料理の隠し味に良く使います。
1瓶あればなかなか便利です。


・・・そろそろなくなりそうなので、今年もまた作ろう。

早く乾季にな~れ。

2007年7月12日 






→次の記事: アジアあんみつ

←前の記事: 山の幸のお味噌汁


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.