Home > 料理ch > イワシのラタトゥイユ

イワシのラタトゥイユ

ネットで料理レシピの検索をしていると、洒落た名前の料理をたくさん見掛けます。

名前がオシャレ! 
名前からして旨そっ!(←?!) 
食べてみたい~! 

と思う料理がいっぱい。



その1つ




ポトフ♪




ネットでレシピ検索する時、家にある食材を思い浮かべながら検索するのですが、たまたまヒットしたのがポトフでした。

「ポトフ、旨そっ。今夜のおかずに決定!」

ってことで作ってみたのですが、





私が作ったからか、







・・・単に煮物やん!? ってカンジになってしまいました。(泣)




ポトフに粒マスタードを添えて食卓に出すと、

「いくらなんでも和風に粒マスタードは合わんやろ~!

と夫。(殺す)





前フリが長くなりましたが、

スーパーで買って来たズッキーニ(2本入り18B)。

さて、どう料理しよう・・・? とネットで検索していました。

(実は私、初ズッキーニだったんですぅ。
どこかのレストランで口にしたことはあったのかもしれませんが、自分で買うのは初めて・・・)


で、コレだぁ!!! とピピッときたのが、ラタトゥイユ

作り方が超簡単(炒めて煮込むだけ)なのと、オサレな名前が気に入りました。(←田舎者~:泣)


ラタトゥイユもポトフと同じくフランスの家庭料理なのだそう。
しかもラタトゥイユは、昔から憧れてた南プロヴァンスの料理なんですと!
昔からフランスに行くなら南プロヴァンスに行きたい~、と思っていたので、それだけで即決!



おフランスな味になるかな~・・・? とワクワクしながら包丁を持ち、格闘(!)すること約15分。
後は煮込むだけ。

数十分煮込み、出来上がり~!




・・・結果からいうと、




見事に失敗。(涙)


正確に言うと、全体の味はまぁフツーだったのですが、ズッキーニがやたらと苦く感じられて、そのせいかあまりお箸が進まなかったのです。

実はラタトゥイユも食べたことがなかったので(←!!!)、

「もしかしたらこの味であってるのかもしれないけど、
でもやっぱりズッキーニ苦いよねー。ニガウリみたいだねー」(ウチはニガウリを殆ど食べないので、ニガウリの味も忘れかけてるのですが・・・)

なんて言いながら夫と食べてました。


ビールで流し込んだ後(泣)、一息ついてから夫が

「例のトマトソースのイワシ缶を入れて煮込み直したら美味しくなると思うぞ」

と。





翌日・・・

←困った時のお助けマン、トマトソースのイワシ缶登場~!





前日作ったラタトゥイユにトマトソースのイワシ缶の中身まるごと入れ、コトコトコトコトじっくり煮込みました。


するとビックリ!

ズッキーニの苦味が嘘のようになくなり、甘くてトロトロのナスのようになりました。
また、不思議なくらいイワシの臭みも消えていて、前日とは打って変わってモリモリ食べました!


さすが陰の料理人!!!(→夫)


上から見たカンジ。



パスタ好きの私はスパゲッティも茹でました。
もちろんイワシのラタトゥイユとの相性は抜群!
ペロリと平らげました。




それにしても、タコライス、ソーキそば、そして今回のラタトゥイユといい、食べたことない料理を良く作ろうと思うもんだなぁ~・・・、我ながら呆れます。

でも、まぁ、料理ってのは創造/想像ですから・・・(!?)

これからも懲りずにどんどん挑戦するぞ~!(後ろからヒエーンと小さく叫ぶ夫の声が聞こえてきたんですが、あの声はナニ!?!)



トマトやナス、ズッキーニなどを使うので、日本にいらっしゃる方はこれからの季節にピッタリ。
温かくても冷たくてもおいしく頂けるお料理です。
食べ方も工夫次第で色々。
是非お試し下さい。

2007.6.3 






→次の記事: 山の幸のお味噌汁

←前の記事: 出来ません・・・


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.