Home > 子供ch > ギターの発表会(1)

ギターの発表会(1)

去る5月25日、モンジが通うギター教室の音楽発表会に家族で行って来ました。
会場は、チェンマイ市内、旧市街にあるAUA(タイ語、英語などの語学学校)。
ピアノ、ウクレレ、ヴァイオリンそしてギターをひとまとめにした音楽発表会で、毎年この時期に行われます。
モンジは去年の2月からギターを始めたのですが、去年は、発表会直前に右手薬指を脚立に挟んで負傷した為、参加を断念しました。なので今回が初参加! ドキ ドキ ドキ・・・

会場に向かう途中、ターペー門の内側、ラチャダムヌン通りにて。
2人とも挙動不審w

会場到着後、父は最後のチューニング。

モンジ緊張してきたのか、やたらお水を飲んでました。

小ぢんまりした会場。大き過ぎず小さ過ぎずジャストナイスなカンジ。
始めに全員起立して、先生方がタイの国王の賛歌をアカペラで熱唱。
その後は、プログラムに沿って進められました。
演奏者は、幼稚園年長さんぐらい(?)から高校生まで年齢層が広く、年齢の低い順からスタートしました。
5秒ぐらいでピアノ演奏が終わってしまったり、ピアノ演奏途中に「うーむ~・・・」と考え込む子がいたりで~・・・観客席から思わず笑いがw
会場内は、タイらしく終始和やかで温かなムードに包まれてました。


中盤に差し掛かった頃、いよいよモンジの出番!
名前が呼ばれて、ステージの上に立つモンジ。

ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ ドキ ドキッ ドキ ドキ ドキッ ドキ・・・

緊張し過ぎて口から心臓が飛び出すんじゃないかと思ったほど。(私が!)


モンジは、パッヘルベルの“カノン”を演奏しました。
皆さん静かに聴いて下さって、演奏後は心の籠もった拍手。
嬉し過ぎて泣きそうになりました・・・。(私が)
それにしても緊張しましたー! 自分のこと以上に緊張したかも??
パッヘルベルの“カノン”は元々大好きな曲ですが、さらに思い入れの深い曲になりました。
私たち夫婦はいつもモンジと共に“初めて”を経験する。
この日もまたモンジと一緒に経験値を上げたのでした。

〈つづく〉 2013/06/21(Fri)


→次の記事: ギターの発表会(2)

←前の記事: タイ・チェンマイのインターナショナル・スクール事情


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.