Home > 子供ch > 闘いの日々

闘いの日々

2歳5ヶ月の娘がイヤイヤ期(反抗期)の絶頂です。

お陰で夫も私もフラフラのヘロヘロ~です。(泣)
私にいたっては、1月後半“第2次育児ノイローゼ”になってしまいました。


ま、色々大変なのですが、一番困るのは、

自分(娘)が居たい場所に、夫と私がいて、娘の遊びに付き合わなくてはならないこと。

夫か私どちらか1人欠けてもダメなのです。

例えば、夫が仕事の為1人で2階に上がろうものならもう大変!

「おとおしゃぁーーーん こっち おいえよぉぉぉーーー!(お父さん、こっちおいでよー)」

と、延々と叫んでます。はぁ。

これでは、夫も私も全く仕事になりません!


ウチは自営業で、しかも自宅兼オフィスなもので、常に夫と私は家にいて、家族3人ピッタリくっついて過ごしています。
なので娘としては、“3人いつも一緒”というのがデフォルトになってるようなのです。

・・・これは困りました。

ホントーに困りました・・・。

もう少し色々わかるようになったら「私たちは毎日家にいるけれど、家で仕事してるんだ」ということを一番最初に教えなくては!!!



それにしても、




私たちって、




子供の目から見ても




遊んでるようにしか見えないのかな・・・?(泣)





その他にも最近の娘のわがままっぷりは爆発的。
手におえません。

日本流にビシビシ躾る、というのが私たちの考えですが、何しろ娘はまだ2歳。
わかってるようでわかっていない子が相手なのですから、どこまで叱っていいのか・・・。
夫と2人手探りの毎日です。

基本の

どんなに泣き喚いても、どんなにごねて吠えまくっても、ダメはダメときっちり教える

↑これだけは実行しているのですが、夫と私の遺伝子を受けた娘の気の強さは、筋金入り。(泣)
猛烈に反発して自分のわがままを通そうとします。
で、終いにはキレて絶叫泣き。

娘がヒステリックに発する金切り声に脳震盪を起こしそうになりながら、ただひたすら耐える私たち。
娘の声量はものすごくて、ご近所の方にも相当ご迷惑お掛けしてると思います。
いくら子供に寛容なタイとはいえ、親としてはかなり気を遣います。

けれど、泣き止まそうと娘の言いなりになっては、全てが水の泡。

この時ばかりは、周りに誰も住んでない山奥に家があったらいいのにな・・・、なんて思います。



育児・・・、

楽しいこともいっぱいあるけど、つらくて苦しいこともいっぱい・・・。

特に今は、負の波が押し寄せているので、毎日が闘いです。


・・・苦労を共にしてる夫と、愚痴をこぼし合えるのがせめてもの救いです。

娘が寝た後(大体23:00前後)真夜中に、夫が屋台で買ってきたバーミー(卵麺のラーメン)やソムタム(青パパイヤのサラダ)を食べながらビールを飲み、2人で育児の苦悩についてぼやいて発散してます。
もちろん笑いを交えながら(←ここがポイント!)、ってか、完全に笑い話にしてしまってますけど。
今は、この時間が1日の中で一番ホッと出来る時間です。



・・・年は食っていますが、親になって2年、まだまだ新米の私たち。
試行錯誤、泣き笑いの毎日です。

これからも夫と励まし合いながら頑張ります・・・。(涙)

2007.2.5 〈娘2歳5ヶ月〉 




→次の記事: 第2次育児ノイローゼ

←前の記事: 子供の日


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.