日本に子連れ里帰り(天草編)

“日本に子連れ里帰り(実家編2)”の続きです。

【2008年10月7日】

JRで三ノ宮まで行って、三ノ宮からポートライナーで神戸空港へ。

←天草エアライン・空飛ぶイルカ号に乗って熊本に向かいました。

メンバーは、父、妹、娘、そして私の4人。
母は仕事の為、残念ながら参加出来ませんでした。


 
約1時間半のフライトで熊本空港到着。
悪天候だった為、結構揺れました。

←この引きつった顔。(苦笑)
この時点でかなりキテました。

娘と同じくタイ産のマー(犬のぬいぐるみ)も熊本初上陸~!

えっらい遠くまで来たもんですな・・・お2人さん。


 
更に乗り換えて、天草へ。

約20分で天草空港到着。

更に更に、約1時間車に揺られて
やっとこさ両親の生まれ故郷に。

・・・ふぅっ、知ってはいたけど、
両親の郷は遠かった~
。(泣)

いや、大人3人なら全く問題ない行程だったのですが、問題児を抱えていたもので・・・
いつチビがキレて大暴れするか、固唾を飲むヒマなくビクビクしていたわけです。
結果から言うと、キレかけ3秒前、ギリギリセーフで父の実家(生家)に到着。
とりあえず事なきを得たのですが、そんな程度で許してくれるほど甘くはありません、我が娘は!
後で、ちゃっかりきっかりやらかしてくれましたよー、もちろん! とほほほ・・・。(涙)


 
早速、皆でお墓参り。
 
父方の先祖が眠るお墓です。

祖父も祖母もここに眠っています。

・・・26年ぶりにしっかりと手を合わせてきました。

小学校時代は毎年遊びに来ていたのに、中学校に上がったと同時に部活が忙しくなり、次第に田舎から足が遠退いていきました・・・。
社会人になってからは仕事に忙殺される日々・・・
20代半ばの海外留学をきっかけに旅にハマり、20代後半は旅三昧。
挙げ句の果てには、海外で出逢ったパートナーと共に日本を脱出し、海外移住―――。

そんなカンジで、勝手気ままに生きてきたわけですが、でも、いつも心のどこかに田舎のことはありましたし、ずっと気になっていたので、こうして娘を連れてお墓参りが出来て、ようやく胸のつかえが下りたというか、ホッとしました。


 
さて、両親が生まれ育った町(村?)はどんな所かというと・・・

信号がない。
(町の中心部しか)電灯がない。
コンビニがない。
おまけに、店もない。
・・・そんな町なので、仕事もない
よって、どんどん過疎化が進み、更に“陸の孤島”と化していってる・・・そんな印象を受けました。(今現在の話。両親がいた頃は農業で生計を立てている人が多く、今より人口は多かったそう)

事実、人手が足りないからか、山林の手入れが行き届かず、鬱蒼としていて・・・“もののけ姫”の世界そのものでした。
ホント、少し山に足を踏み入れると、乙事主(おっことぬし)に出合えそうな、そんな雰囲気でした。


 
では、人々はどんな風に暮らしているかというと・・・
店がないので、米、野菜、果物は自給自足。
味噌、漬物、饅頭など作れるものは何でも自分たちで作る。
卵は、ニワトリに産ませる。
お魚は、近海で獲れた魚を軽トラックに乗せて売りに来るので、そこで買う。
お肉は、年寄り連中が多いので、普通は食べないそうですが、育ち盛りの子供・小さな子がいる家庭は、車を20分(片道)ほど走らせて、大きめの町まで出て買出しするそう。(お菓子や嗜好品もそこで購入)
・・・っと、別段困った様子はないのですが、唯一、

「病院が近くにないのが困る」

と口を揃えて言ってました。


 
お墓参りを終え、母の実家にお土産を届けに行った後、父の実家に戻ってみると、親戚が、
←こんな素晴らしいお刺身を用意して、待っててくれました!

とれとれピチピチの魚は全て近隣の海で獲れたもの。
見たことも聞いたこともない魚がチラホラ。
興味津津に口に運んでみると・・・コリコリなのにトロ~ンとしてて~・・・んもぉ~、思わず唸ってしまいました!(“今まで食べたお魚ベスト5”入り確定!)

あぁ、魚好きの夫に食べさせてあげたかった・・・。


 
〈つづく〉       

2008/11/08  

【関連ページ】
続きものになってたりして・・・
↓宜しければ順番にどうぞ↓

1:ご機嫌取り
2:子連れ初海外旅行?(機内編)
3:台北でトランジット(ホテル編)
4:日本に子連れ里帰り(実家編1)
5:やっぱり極楽タイランド♪
6:桃園国際空港・第2ターミナル(1)
7:桃園国際空港・第2ターミナル(2)
8:日本に子連れ里帰り(実家編2)



中国雲南省麗江の旅・3(動物編)
12年前雲南省を訪れた時、中国もやっとペットブームが到来した頃だったようで、麗江の街を歩いてるとこんな姿を良く見かけました。
中国雲南省麗江の旅・2(玉泉公園・黒龍潭)
中国雲南省麗江にはトータルで3週間ちょっと滞在したのだが、玉泉公園・黒龍潭は最後の方訪れた。
ネパール旅行・トレッキングと露天風呂
1人で旅したネパール。仲間と別れて1人アンナプルナ方面へトレッキング。ネパールの露天風呂は山小屋の近くにあったのですが世界一のヒマラヤを眺めながらのロケーションは最高! これぞ絶景~!!
日本に子連れ里帰り(天草編)
天草エアラインで天草市深海町へ行って来ました。海は限りなく青く近海で水揚げされたお魚は驚くほど新鮮で美味でした。過疎化が進む町ですが一見の価値あり。
日本に子連れ里帰り(実家編2)
海外在住の私が日本に里帰りした時の話です。4年半ぶりの帰国。JR神戸線・さくら夙川駅の写真やポートライナー、そして神戸空港の写真などもあり。
桃園国際空港・第2ターミナル(2)
台湾の台北にある桃園国際空港・第2ターミナルの写真とお話。フードコートで食べた牛肉麺とコカコーラの写真も。中国語でコカコーラって可口可楽って書くんですね。
桃園国際空港・第2ターミナル(1)
台湾・台北の桃園国際空港の第2ターミナルを画像と共にご紹介。2階のフードコートで牛肉麺(にゅうろうめん)を食べました。その他、スタバ、サブウェイなどもあり。
日本に子連れ里帰り(実家編1)
海外(タイ)在住の私が子連れで日本へ里帰りしました。一時帰国です。餃子の王将(関西限定?)や発泡酒を堪能。
台北・桃園国際空港でトランジット(ホテル編)
トランジットに最適な台湾(台北)の空港・桃園国際空港近くのホテル「城市商旅航空館(City Suites)」をご紹介。恐らく空港から一番近いのではないでしょうか。
子連れ初海外旅行?(機内編)
小さな子供を連れて初の飛行機はやはり緊張するもの。子連れ海外旅行の機内での過ごし方、子供が機内で機嫌よく過ごせるよう・遊べるよう用意したものなどをご紹介。
国境を越えてミャンマーへ(2)
タイから国境を越えてミャンマーへ。タイ最北端・メーサイからミャンマー・タチレクへ。今回はミャンマーで食べた“カオモックガイ”のお話を。美味でしたよ~! タイ、ミャンマーの国境最新情報もあります。
国境を越えてミャンマーへ(1)
タイからミャンマーへ良く日帰り旅行したものです。国境には小さな橋が架かっていて、簡単に国境越え出来ます。日帰り旅行記、ミャンマーのグルメ話も。タイ、ミャンマーの国境最新情報もあります。
中国雲南省麗江の旅・1
中国雲南省麗江の旅
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー