国境を越えてミャンマーへ(1)

デジカメの写真を整理していたら、ミャンマー(タチレク)の写真が・・・。
そういえば、今、国境はどうなってるんだろう? とメーサイ(タイ)⇔タチレク(ミャンマー)間の最新の国境情報を調べてみると、問題なく開いてる(=入国出来る)ようです。(2008年6月22日現在)
私が12年前初めて訪れた時は、閉まってたなぁ・・・
何か問題があると、容赦なく国境は閉まりますので、どうかご注意を! 
国境情報は、出来れば行かれる直前に調べられることをおすすめします!



ここ数年は全く行っていませんが、昔は、たまにミャンマーへ遊びに行ってました。
殆どが日帰り。
そう、日帰りで外国旅行(!)です。



ではでは、昔を思い出してミャンマーへショートトリップ~!



朝一番でバスに乗り込み、タイ最北端・メーサイという町を目指します。
私の住む町からメーサイまでは、バスで約4時間。
バスはいくつかの峠を越えて進みます。
メーサイのバスステーション到着後、乗り合いタクシー(ソンテウ)に乗り込んで、5~10分ぐらいで、国境のマーケットへ到着。
そこから小さな橋を渡って、ミャンマーに入国します。


これがその橋。
小さな橋なので、あっという間に渡ってしまいます。


 
当然ながら下には川が。
写真を拡大してご覧下さい。
写真の右がタイ、左がミャンマーです。


 
子供が国境の川で泳いでました。
日本人の私は「へぇ~」と思いながら眺めてましたが、この子供たちにとっては、極普通の日常なんですよね。
この子たちは、いったい1日に何回国境を往復するのでしょう・・・?


 
橋を渡ったらガラリと雰囲気が変わるかというと、そうでもなく、タチレク(ミャンマー)の町は、タイの田舎町といった趣です。


 
変わるのは看板の文字と、男性がサロンを巻いてる姿・・・これはタイとは違ってて新鮮でした。


 
こんな姿もタイではもうあまり見られません。


 
タイのトゥクトゥク(三輪タクシー)の変形版!?
中国の田舎で見たタクシーもこんなカンジだったなー・・・。

 

次はいよいよグルメ編です~!

〈つづく〉       


2008年6月22日 




中国雲南省麗江の旅・3(動物編)
12年前雲南省を訪れた時、中国もやっとペットブームが到来した頃だったようで、麗江の街を歩いてるとこんな姿を良く見かけました。
中国雲南省麗江の旅・2(玉泉公園・黒龍潭)
中国雲南省麗江にはトータルで3週間ちょっと滞在したのだが、玉泉公園・黒龍潭は最後の方訪れた。
ネパール旅行・トレッキングと露天風呂
1人で旅したネパール。仲間と別れて1人アンナプルナ方面へトレッキング。ネパールの露天風呂は山小屋の近くにあったのですが世界一のヒマラヤを眺めながらのロケーションは最高! これぞ絶景~!!
日本に子連れ里帰り(天草編)
天草エアラインで天草市深海町へ行って来ました。海は限りなく青く近海で水揚げされたお魚は驚くほど新鮮で美味でした。過疎化が進む町ですが一見の価値あり。
日本に子連れ里帰り(実家編2)
海外在住の私が日本に里帰りした時の話です。4年半ぶりの帰国。JR神戸線・さくら夙川駅の写真やポートライナー、そして神戸空港の写真などもあり。
桃園国際空港・第2ターミナル(2)
台湾の台北にある桃園国際空港・第2ターミナルの写真とお話。フードコートで食べた牛肉麺とコカコーラの写真も。中国語でコカコーラって可口可楽って書くんですね。
桃園国際空港・第2ターミナル(1)
台湾・台北の桃園国際空港の第2ターミナルを画像と共にご紹介。2階のフードコートで牛肉麺(にゅうろうめん)を食べました。その他、スタバ、サブウェイなどもあり。
日本に子連れ里帰り(実家編1)
海外(タイ)在住の私が子連れで日本へ里帰りしました。一時帰国です。餃子の王将(関西限定?)や発泡酒を堪能。
台北・桃園国際空港でトランジット(ホテル編)
トランジットに最適な台湾(台北)の空港・桃園国際空港近くのホテル「城市商旅航空館(City Suites)」をご紹介。恐らく空港から一番近いのではないでしょうか。
子連れ初海外旅行?(機内編)
小さな子供を連れて初の飛行機はやはり緊張するもの。子連れ海外旅行の機内での過ごし方、子供が機内で機嫌よく過ごせるよう・遊べるよう用意したものなどをご紹介。
国境を越えてミャンマーへ(2)
タイから国境を越えてミャンマーへ。タイ最北端・メーサイからミャンマー・タチレクへ。今回はミャンマーで食べた“カオモックガイ”のお話を。美味でしたよ~! タイ、ミャンマーの国境最新情報もあります。
国境を越えてミャンマーへ(1)
タイからミャンマーへ良く日帰り旅行したものです。国境には小さな橋が架かっていて、簡単に国境越え出来ます。日帰り旅行記、ミャンマーのグルメ話も。タイ、ミャンマーの国境最新情報もあります。
中国雲南省麗江の旅・1
中国雲南省麗江の旅
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー