空芯菜をプランターで栽培してみる

先日の "東南アジアの集い"(といっても3人だけだけどーw)で野菜の話題になり、フィリピン人・Jとインドネシア人・Pが

「屋久島はカンコン手に入らないのが残念だよね~・・・」

としきりに残念がってた。

「ねえ、カンコン知ってるよね?!」

と2人私の顔を覗き込む...

「・・・?・・・」 (゚_゚) ポカーン

...2人の話を総合すると、空芯菜らしい、という結論に達した。

―――数日後―――

近くのスーパーでサクッと発見・・・!!
"エンサイ" と書かれてたが、どう見ても空芯菜。
122円と安いし、喜び勇んで買って帰った◎

 
じゃーーーん! 久々の "パックブン・ファイデーン"♪(タイの空芯菜炒め)
シャキシャキの歯触りが懐かしくて嬉しくなったが、タオチオ(タイの豆味噌ソース)がなかった為 味が再現し切れず 残念だった。
やっぱりネットショップでタオチオ注文しちゃおうかなあ~・・・
カオマンガイ作ろうと思ってたところだし...
夫と要相談だな。

 
数日後、夫が釣り帰りに同じスーパーでまーた空芯菜買って来た。

これは食べずに増やしたい!

と思い、水に浸しておいたら、案の定 根が生えてきた・・・!

 
根、見えますか~?
 
今朝、プランターに移しました。
右端に申し訳程度に植えてるのはわけぎw おとーちゃんが植えました。
空芯菜もわけぎも水と太陽の光がたっぷり必要なので、水道の近くで1日中お日様に当たる場所にプランターを設置しました。(←なかなか合理的でしょ? これなら不精の私でも水やりするだろうと...w)
JとPにお裾分けするんだから、元気に大きくなっておくれ~!

ところで。
空芯菜は、日本ではヨウサイとかエンサイとかアサガオナと呼ばれるそう。
フィリピンでは、kang kong(カンコン) ← !
インドネシアでも kang kong(カンコン) ← !
タイでは、パックブン
カンボジアでは、トロクオン
ベトナムでは、ザウ ムォン
というんですって!
オーストラリア英語でもフィリピンの "カンコン" を用いるそうですよ。(wikipediaより)
...なるほどね~、だから2人共フツーに「カンコン」といってたんだ。
カンコン、覚えました!w
 
〔おまけ〕

パクチーも順調に育ってますよー。

もっともっと大きくな~れ~!
ワッサワッサ生えて、ワタシの胃袋を満たしておくれー!
ニヒヒ。

と... 気分はヘンゼルとグレーテルに出てくる魔女のおばあさん...!(笑)

 
あ、そうそう、フィリピンで思い出したけど、今日フィリピン料理 "シニガン" に初挑戦します!
この前 Jのお家でご馳走になった時、とっても美味しかったので~... あとちょうど家に材料があるので。
楽しみだニャ~♡
2015/08/13(Thu)   


空芯菜をプランターで栽培してみる
空芯菜もわけぎも水と太陽の光をたっぷり必要とするので水道の近くで1日中お日様に当たってる所にプランターを設置しました。
日本でタイ料理のハーブを栽培してみる
スープセロリ、チリ、プリックキーヌー、パクチー、レッドホーリーバジル、ホーリーバジル...
今育ててるもの
里芋とかぼちゃは成り行き上育てることになりました。ブーゲンビリアは育てたくて植木市で苗を買って来ました。
ミナロバータ(Spanish flag)の花が咲きました
ミナロバータの花が咲きました。英語名はスパニッシュフラッグ(Spanish flag)、原産地はメキシコだそうです。
香りのいい花(山丹花・キバナクチナシ)
タイの植物、山丹花、キバナクチナシのお話。山丹花の白は極めて稀らしい。キバナクチナシは中国雲南省~タイ~マレーシアにかけて分布する植物でスクリュー型に花弁を広げてるのが特徴。
Bauhinia blakeana・バウヒニア・香港オーキッドツリー
バウヒニア、マメ科、ハマカズラ属、通称・香港オーキッドツリーを画像でご紹介。花は紫系で蘭のよう。葉はハート型、蝶のようにも見える。乾季のタイ・チェンマイにて撮影。
タイで家庭菜園
ついに家庭菜園(?)始めちゃいました~。とりあえず、オクラ、トマト、長ネギそれぞれ種を2粒ずつ植えました。初心者ですんで失敗する確率高しですが、無理せず頑張ります~!
マンゴーの育て方・栽培方法
マンゴーの育て方・栽培方法です。引越しを考えてるので収穫したマンゴーの実の種をなるべく植えたりして苗を作っています。マンゴーの栽培はタイではとても簡単! ただ日本ではどうでしょう…?
庭のマンゴー・2009
庭で育ててるマンゴーが今年もたくさんの実りをもたらしてくれました。タイでマンゴーを栽培するのは至極簡単。放置プレイでOKなんです。しかしそれもこれも肥えた大地のお陰。感謝、感謝の日々です。
タイのライム・マナオの木に芋虫が!
昨夜の嵐のせいか朝起きたら庭のライムの木にイモムシが! 図鑑とちょっと違うような気がしましたが“毛”がないので毛虫ではありません。(爆) 娘も絵本のイラストと違うので不服そうでしたw
植物と私
植物を愛でるきっかけになったのは、良くも悪くも“娘”だった。出産・育児は大変なことが多いけれど、心を豊かに・細やかにしてくれるものなんだなー・・・と密かに想う日々である。
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー