Bauhinia blakeana・バウヒニア・香港オーキッドツリー

ぽかぽか陽気の土曜日、モコと木のブランコに揺られてたら、モンジが

「おかーさん、ステキなプレゼントよ~!」

と芝生に落ちてたピンクの花びらを持ってきてくれた。


 
木はコチラ。
通称“ホンコンオーキッドツリー”。
その名の通り香港が原産地で、香港特別行政区の紋章にもなってるそう。
学名は Bauhinia blakeana(バウヒニア)。


〔写真:2010年11月7日 タイ・チェンマイにて撮影〕


 
花はこんなカンジ。
ウチのはピンクですが、赤っぽい紫、青っぽい紫と紫系が主流、形はどことなく蘭のよう。
別名“パープルオーキッドトゥリー”といわれる所以ですね。


〔写真:2010年11月7日 タイ・チェンマイにて撮影〕


 
葉っぱはハート型。
名前が判明するまでは「ハートの葉っぱの木」と呼んでました。(笑)
しかしこれ見方によっては蝶のよう。
いずれにしろかわいくてユニークな葉です。


〔写真:2010年11月7日 タイ・チェンマイにて撮影〕


 
バウヒニア
マメ科
ハマカズラ属
・・・その通り、豆がなってますー。
チェンマイはマメ科の木がたくさん! それらの木はどれをとっても美しい花を咲かせるんです!!


〔写真:2010年11月20日 タイ・チェンマイにて撮影〕


 
おまけ。
←ピンクの○印に注目!
種が落ちて、芽を出してしまったんですー・・・しかもこんなにたくさんっ!
どーしよ~・・・。(汗)
ただ今、とーちゃんと思案中。


〔写真:2010年11月20日 タイ・チェンマイにて撮影〕


 
花びらをアップで。
その形、手触り・・・まるで鳥の羽根のよう!
滑らかで光沢があってベルベットのようでもある!!
ともあれ触れてると“スゴイな~”としみじみしちゃいます。


 
水、空気、土(土の中の成分)そして光があるだけでこれだけのものを生み出せるって本当にスゴイ!!!
素直に感動します。
地味で静かな感動だけど、植物に囲まれた暮らし・・・生活がぐっと豊かになりました。
植物たちありがとう。
2010/11/21(Sun)   


空芯菜をプランターで栽培してみる
空芯菜もわけぎも水と太陽の光をたっぷり必要とするので水道の近くで1日中お日様に当たってる所にプランターを設置しました。
日本でタイ料理のハーブを栽培してみる
スープセロリ、チリ、プリックキーヌー、パクチー、レッドホーリーバジル、ホーリーバジル...
今育ててるもの
里芋とかぼちゃは成り行き上育てることになりました。ブーゲンビリアは育てたくて植木市で苗を買って来ました。
ミナロバータ(Spanish flag)の花が咲きました
ミナロバータの花が咲きました。英語名はスパニッシュフラッグ(Spanish flag)、原産地はメキシコだそうです。
香りのいい花(山丹花・キバナクチナシ)
タイの植物、山丹花、キバナクチナシのお話。山丹花の白は極めて稀らしい。キバナクチナシは中国雲南省~タイ~マレーシアにかけて分布する植物でスクリュー型に花弁を広げてるのが特徴。
Bauhinia blakeana・バウヒニア・香港オーキッドツリー
バウヒニア、マメ科、ハマカズラ属、通称・香港オーキッドツリーを画像でご紹介。花は紫系で蘭のよう。葉はハート型、蝶のようにも見える。乾季のタイ・チェンマイにて撮影。
タイで家庭菜園
ついに家庭菜園(?)始めちゃいました~。とりあえず、オクラ、トマト、長ネギそれぞれ種を2粒ずつ植えました。初心者ですんで失敗する確率高しですが、無理せず頑張ります~!
マンゴーの育て方・栽培方法
マンゴーの育て方・栽培方法です。引越しを考えてるので収穫したマンゴーの実の種をなるべく植えたりして苗を作っています。マンゴーの栽培はタイではとても簡単! ただ日本ではどうでしょう…?
庭のマンゴー・2009
庭で育ててるマンゴーが今年もたくさんの実りをもたらしてくれました。タイでマンゴーを栽培するのは至極簡単。放置プレイでOKなんです。しかしそれもこれも肥えた大地のお陰。感謝、感謝の日々です。
タイのライム・マナオの木に芋虫が!
昨夜の嵐のせいか朝起きたら庭のライムの木にイモムシが! 図鑑とちょっと違うような気がしましたが“毛”がないので毛虫ではありません。(爆) 娘も絵本のイラストと違うので不服そうでしたw
植物と私
植物を愛でるきっかけになったのは、良くも悪くも“娘”だった。出産・育児は大変なことが多いけれど、心を豊かに・細やかにしてくれるものなんだなー・・・と密かに想う日々である。
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー