日本にひたる


チェンマイはポツポツと雨が降り出し、ようやく雨季らしい天候になってきた。

先週末は、久しぶりに“日本”を満喫した2日間だった。
というのも、妹が日本から遊びに来たのだ。

5月の始め頃、妹から

"6月上旬、休みをとってそちらへ遊びに行きます。
大型スーツケースに入るだけお土産を持っていくから、
欲しいものどしどしリクエストしてね!"


という有難いメールが届いた。
やったーーー!
まさに、天からの声。

こちらで生活していると、日本のものがなかなか手に入らない。
定期的に一時帰国するのは、家族や友人に会うためというのが一番の目的だが、その他に食いだめ(!)、買出しは私にとって重要なポイントなのだ。

もう1年以上帰国していないので、出来ることなら今すぐにでも一時帰国して、買出ししたい。
だが、小さな子供を抱えてしまった今、昔のように自由に動き回れなくなったのが少し残念だ。

子供を連れて里帰りすれば、実家の両親は大喜びしてくれるだろう。
しかし、少しの間もじっとしていられない年齢の子供にとって、トータル約7時間のフライトは、苦痛でしか無いだろうし、周りの乗客の方にも大変な迷惑を掛けてしまう。私は私でそんなシチュエーションの中“針の筵”状態で・・・。
そんなことを考えると、一気に気持ちが萎える。
せめてもう少し聞き分けがつく年齢になるまでは、余程の緊急事態が起こらない限り、長時間公共交通機関を利用するような旅はなるべく避けよう、というのが私の考えだ。

そんなわけで、次回一時帰国出来るのは、早くて来年? それとも再来年?!?
・・・・・はぁ〜・・・・・。
と、一人ため息をつく日々だった。

これは絶好のチャンス! とばかりに、妹の言葉に甘えさせてもらった。
遠慮なくわがままいえるのが身内の最大の良さだ。


私がリクエストしたものは、こんな感じ。↓

■ムヒ(かゆみ止め)
年がら年中蚊がいる国なので、かゆみ止めは必須。
ちなみに右の写真は、ムヒを切らしてしまった時の代用品。
ローカルの薬局で入手可能。
かゆみ止めに効くといわれるぬり薬をいろいろ試したが、今のところこれが一番効くような・・・。
しかし、じわじわと効いてくるタイプで、即効性に欠けるのが欠点。
その点、ぬった瞬間にかゆみが止まる日本のムヒは、やはりすごいと思う。


■サロンパス
10kgを超えてしまった娘の抱っこは、もはや重労働。
しかし、甘えたい盛りの娘は、とにかく抱っこ抱っこと要求してくる。
お陰で私の背中はパンパンに張って、まるで鉄板のよう。
少々年寄りくさいが、シップ、サロンパスは手放せない。
左の写真は、こちらで入手可能なシップ。正確にいうと“入手可能だった”シップ。
タイガーパームのシップを模して作ったのか(?)虎のマーク入り。
中国製だが値段が手頃なので愛用していたが、今は見かけない。
本家タイガーバームのシップは有名で、あちこちで見かけるが、値段が高いので気軽には買えない。
ネットで調べると、日本のサロンパスの方が安かったので、買ってきてもらうことにした。


■おんぶ紐
まずは写真の解説から。右の写真は、抱っこ紐。スリングといった方が良いのだろうか。
実はこれ、抱っこ紐といっても一枚の布で、元は私のサロン(巻きスカート)だった。
お気に入りのランナースタイルの布屋さんで購入したもの。
綿100%草木染めの布で、大のお気に入りだったのだが、ほとんど着ずにタンスの肥やしになりつつあった。
ある日「気に入ったものはどんどん使っていこう」と、はたと思い、筒状に縫っていたものをほどき、抱っこ紐にした。
娘の首がまだ据わっていない時からずっと愛用していて、今も片時も離せない必需品なのだが、これはあくまでも抱っこ用で、おんぶには向かない。というのは、おんぶすると途端に安定感が悪くなってしまうのだ。

抱っこして片手がふさがっている状態では、困ったことに料理が出来ない。
平日は料理をしている間、ムックが娘をみてくれるが、日曜日はみてくれる人がいない。
せめて一品料理など簡単なものでいいから料理が出来るように、ということと、メイドさんが急に休むなど緊急時に娘をかつぎながら家事が出来るように、とおんぶ紐を買って来てもらうことにした。
こちらでは入手不可能なので、お願いすることにした。


■マヨネーズ
またまた始めに写真の説明。左の写真は、こちらのマヨネーズ。
こちらのマヨネーズはいろいろ買って試してみたが、このベストフーズのマヨネーズが甘さ控え目で、私の口には一番合った。なので、日本のマヨネーズを切らしている時は代用している。
このマヨネーズに、にんにくの摩り下ろしとチリパウダーを入れ、しょう油を少したらして混ぜると、おいしいマヨネーズソースの出来上がり。
野菜スティックにつけて食べたり、揚げ物のソースにしても美味。
上記のような“混ぜ物”にするには、こちらのマヨネーズでも充分OKなのだが、マヨネーズそのものの味で勝負するなら、やはり日本のマヨネーズに軍配が上がる。
食べ慣れているせいだろうが、日本のマヨネーズが食卓に上がるだけで、豊かな気分になる。
一応こちらでも日本のマヨネーズは購入可能だが、高いので買ってきてもらった。

・・・以上はほんの一部で、他にもいろいろお願いしてしまった。
それらは、次の機会にでも紹介しようと思う。


私のわがままなリクエストに快くこたえてくれた妹に大感謝!
妹が、大きな袋を抱えてやって来るサンタクロースよりも輝いて見えたのは言うまでも無い。

ありったけの感謝の気持ちを込め、手料理でもてなした。
妹の滞在期間中は、小雨がパラつく雨模様だったこともあり、家にいて、妹が持ってきてくれた日本のお土産を食べたり飲んだりしながら娘をあやし、ダラダラと喋り続けた。
普段マメにメールのやり取りをしているので、取り立てて新鮮な話題はなかったが、やはり目の前に相手がいて、相手のちょっとした表情や反応を見ながら話せるのが何より嬉しかった。

嫌な顔一つせず大荷物を抱えて遊びに来てくれる妹。
妹のようなかけがえない存在をこれからもずっと大切にしていきたい。



◆このコラムは月2〜3回不定期の更新です。
日々の細々は うなぎ日記 から随時更新中。

  ジュッキン
  ベビーラッシュ?
  ある日の買い物
  卵なすのカレー
  日本にひたる
  笑う赤ん坊
  日本にひたる・番外編
  おてだま作ろう
  初おこづかい
  日曜日は子供の日
  チェンマイ人
  地震洪水停電オット?
  本当の休日
  手作り絵本・ことば
  イワシ缶のパスタ
  緊急時対処能力
  生卵バンザイ!
  二重生活
  庭のテーブルでご飯
  夫のバンコク出張
  マイハズバンド
  庭仕事でダイエット
  理想のキッチン(1)
  理想のキッチン(2)
  理想のキッチン(3)
  中古のノートPC

  TOP

  うなぎ日記

HOME | サイトマップ&全記事リスト | 日々ch | 料理ch | ぬいものch | 育児ch | 旅ch | プロフィール
CoptRight(c)2008 Unagi.tv All Rights Reserved.