ご近所案内【屋久島・平内海中温泉】

東京は大雪のようですね。
屋久島(南部)も 日は射してるものの風が強く、荒れ模様。
でも気温は、15℃近くあるんじゃないでしょうか... 風のせいで体感温度低めです...。

さて。
一昨日(土曜日)は、午後から 娘2人がお友達のお家に遊びに行ったので、夫婦2人で出掛けることに...

夫:「釣りの下見も兼ねて海中温泉の辺りを散策してみるか? 満潮を過ぎたばかりなんで、多分入浴客もいないだろう...」

私:「行こ! 行こう~!」

・・・行き先決定!

平内海中温泉は、屋久島に初上陸した2014年10月に初めて行きました。がっ、雨だったので、車から降りることなく 引き返しました。
その後も すぐ側まで行ったことはありましたが「入浴客がいるかも...?」と様子を伺うことなく立ち去りました。

この日は、満潮を過ぎたばかり・・・!
チャーンス!!
万が一入浴客がいたら、近寄らずに素通りすればいいだけだ。

ここで注釈 ***
平内海中温泉とは、海の中から湧き出してる温泉で、海面下にある為、1日2回の干潮時(とその前後5時間)しか姿を現さない。その為、干潮時のみ入浴することが出来る。満潮時は、海の中に沈む。(Wikipediaより引用)

我が家から車で10分のドライブ。
到着ー!

ではでは、平内海中温泉へご案内~。

 
正面、バ、バーンと絶景!
 
洗面器がぁ~・・・なんというか、かわいぃw

料金箱に100円と書かれてますが、管理人の整備の為の募金として100円程度求めているそう。
ちなみに、平内区民(住民)は無料。

 
うーん、それにしても絶景。
気に入った◎

 
予想通り入浴客がいなかったので、近付いてみると、お掃除の方が清掃中でした。

 
こちらは屋根付き?
昼間は 日焼けしそうですもんね...。

 
少し歩いた所にトイレもあります。
 
温泉の成分と効能はコチラ。

その他注意点は

1.脱衣所がない
 →岩陰などに隠れて着替える

2.混浴
 →水着着用不可なので、サロンなどを巻いて入る

...と、かーなりハードルが高い温泉なのです...!(なのでまだ入ったことがないっ!)

ま、でも お湯はまろやかで、私好みの熱めのお湯のよう。何より、景色が極上ー! なので、是非一度トライしてみたいです。
知人の話によると、早朝は人が殆どおらず 狙い目らしいです。
春頃、潮見表をチェックして、早朝+干潮が重なる時に 早起きして出掛けよう!
夫は釣り、私は温泉!
朝からサイコー!!

 
屋久島に移住して1年ちょっと経ちましたが、我が家のご近所案内をあまりしてなかったことに気付いたので、これからはちょこちょこ紹介していきます。

2016/01/18(Mon)   


2017・初泳ぎ
朝一番で海へ行き たっぷり遊んで、その後は 美味しいランチ... 最幸の1日でした◎
釣り場探しでいい場所発見
新規釣り場開拓! T氏が教えてくれた道(獣道)は思いの外簡単に見付かり、先を目指す・・・
屋久島ボタニカルリサーチパーク
花と緑溢れる公園。まあまあ近いし、入場料(大人500円/子供250円)さえなければもっと頻繁に来るのになあ~・・・w
屋久島で家を建てるならアースバッグハウス?
木だとシロアリが心配だし、石は建てるのが超~大変そう、ってことで土嚢という結論に到ったよう。安くて簡単+頑丈! 地球にやさしい家らしいですよ。
晴れると忙しいんです(2)
17:00を知らせる『夕焼け小焼け』が流れたので(島内放送)、撤収。あー楽しかった◎ ほぼ1日お外を満喫しました!
晴れると忙しいんです(1)
娘たちが通う小学校の風習(!)のひとつに "学級・親子レクリエーション" というのがあって、年に数回、親子で参加する集いがあるんです...。
お出かけ日和
昨日は久々のお出かけ日和◎ 気温もだいぶ上がり、ポッカポカ。それだけで幸せ~♡
幻の高級魚スマが釣れました(2)
晩ごはんはご馳走♪ 1匹釣れるだけで一気に食卓が豊かになります。
幻の高級魚スマが釣れました(1)
クジラを見に行ったんです...残念、クジラは見れませんでしたが、幻の高級魚スマ(オボソ)が釣れました~◎
今年の抱負
2017年、良い年にしますよ。結婚して子供を産んですっかり受動的になってしまったので、今年はちょっと能動的に。
2017年・初日の出
7時過ぎ、湯泊港到着。堤防の先っちょへ...
私の両親と妹が遊びに来てくれました
私の父が80歳の誕生日を迎えたのですが、そのお祝いも兼ねて両親を招待したいね~と予てから夫と話していたんです...
季節の変わり目で体調崩してました
きっかけは、子供からうつった風邪...一度寝込んだら最後、ガタガタと体調が崩れ始め、起きれなくなりました。
堤防で夕方ピクニック
夏休みのある日...「なんか今日は、お外でごはん食べたいね~」と、お弁当持って湯泊の堤防へ・・・♪
ウミガメの赤ちゃんと私の赤ちゃん
「つい先日、栗生の浜でウミガメの孵化見てきたんだけど良かったよ~、行ってきたら...?」とすすめてもらい、お祭り会場からそのまま栗生浜へGO!
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー