初温泉と初タイ料理

タイはタイでも北タイは、乾季(寒季)に入ると結構冷え込むので、シャワーを浴びるのが辛く、耐えかねて温泉に行くことが多いのですが、この乾季はとても暖かく温泉率が低かったのです・・・がっ

「お正月だし、温泉行っちゃう?」

という流れになり、“初温泉”行って来ましたー。

以前チェンマイ在住の友人(日本人)から

「お正月サンカンペーン温泉行ったら、大混雑で芋の子洗うよう、もみくちゃにされて帰って来た~」

と聞いてたので覚悟してたのですが、公園エリアは思いの外ひとが少なくてホッ。
ところが! いざバンガロー(家族風呂)の空室状況を訊くと、まさかの満室! ガーーン。 こんなの初めて~!
どうしたものかとおとーちゃんと話していると、ちょうど1室空いたということで、ねじ込んでもらいました! ヤッタ、ラッキーー!

いつぞやの湯船。
やたらとデカくて、大人5~6人入れそう。
広々したお風呂に子供たち大ハシャギ。
私とおとーちゃんは、ここまで広くなくていいから脱衣所が欲しいよね、と話してました。
お隣の浴室から声が聞こえてたのですが、タイ人ファミリーでした。
公園内も殆んどがタイ人。
タイは少し前から日本ブームで、日本を旅行する人も増えてるので、それに伴って温泉ブームが巻き起こってるのかしら? とおとーちゃんと話してました。
ちなみに料金は、1時間貸切で300バーツ(約900円)でした。
入園料は家族全員で50バーツ(約150円 ←こちら在住者価格。外国人料金があるようなので要注意!)+α車乗り入れ料が20バーツ(約60円)・・・
トータル370バーツ(1000円ちょっと)で家族みんなが温泉を堪能出来るんですよ~! コストパフォーマンス良過ぎ!
タイが好きな理由の1つです。

 
久々に温泉卵も作りましたー。
 
温泉入ってサッパリした後は、至福のディナータイム♪
タイ料理でしたー! ヤッターー、パフパフパフー。
久しぶりだったんで、もうぉっ嬉しくってぇ~~! 
私、タイ人並みにタイ料理が好きなんです・・・そういった意味でも日本復帰は難しいと思われます、ハィ。
あ、関係なかったですね、話を戻して~・・・ここのソムタム(ソムタム・タレー)は、今のところ私のナンバーワン! 
冷たいビールも旨かったー! たまらんっ。

 
・ソムタム(青パパイヤのスパイシーサラダ)
・ガイヤーン(鶏肉のあぶり焼き)
・蒸かしたもち米
は、ゴールデンコンビ。
定期的に食べないと、手がプルプルッしてきます。(笑)

 
今日はクン・オップ・ウンセン(海老と春雨の蒸し焼き)もオーダーしました。
ここのクン・オップ・ウンセンがまた最高なんですー!
ご馳走様でした♪
 
ウチは家長が和食好きの為、下手したらずーっと和食が続くので、たまに暴れて(←!)タイ料理レストランに連れてってもらいますw
でもですね、おかず5品とご飯もの4つ、そしてビール1本、ソーダ水、ミネラルウォーターを注文して、460バーツ(約1300円)って、安くありません?! ここもコスパ◎なのでした。
やっぱりタイって止められない!
2013/01/03(Thu)   


夫からのプレゼント
この楽器「ライアー」って言うんですって。ドイツ語で「竪琴」という意味だそう。
2018年の抱負(2)
30代の私は「人生楽しんだもん勝ち」と思ってました。そんな日々をすっかり謳歌した今は、健康が第一と思っています。
2018年の抱負(1)
すでに2月ですが、今年の抱負書いておこうと思います。。。体を動かすことの大切さを痛感してるこの頃...
夫の誕生日に思ったこと
夫の誕生日の前々日。久々家族全員でアウトドア。アクティビティは、もちろん主役さんが三度の飯より好きな釣り!w
夫婦について少し考えた
昨日11月22日は「いい夫婦の日」だったそうですね。夫が教えてくれました。11月11日が「ポッキーの日」とか日本は色々ありますね。
Oct.04,2017 | Photo diary
ずっとずっと奥に進みます。ここ我が家のご近所なんですが、車を降りてからが長~~い。
夏休みの帰省(2)
今回の旅のキーワードは「エコノミー」だったので、行きも帰りも船を利用しました。
夏休みの帰省(1)
今更ですが、夏休みの帰省の話をここに示しておこうと思います。
敬老会と海と苦手分野の話
18日敬老の日は、台風一過で素晴らしいお天気! 気分は 海でしょ、絶ー対、海!! だったのですが・・・
離島の朝の過ごし方
フエダイは夜行性なので暗いうちが勝負! ってことで、眠い目をこすりつつ堤防に向かったってわけ...w
Sep.10,2017 | Photo diary
大川の滝に着きましたー。こんなに良く晴れた日曜の朝だというのに、誰~もおらず貸切り!
2017・初泳ぎ
朝一番で海へ行き たっぷり遊んで、その後は 美味しいランチ... 最幸の1日でした◎
釣り場探しでいい場所発見
新規釣り場開拓! T氏が教えてくれた道(獣道)は思いの外簡単に見付かり、先を目指す・・・
屋久島ボタニカルリサーチパーク
花と緑溢れる公園。まあまあ近いし、入場料(大人500円/子供250円)さえなければもっと頻繁に来るのになあ~・・・w
屋久島で家を建てるならアースバッグハウス?
木だとシロアリが心配だし、石は建てるのが超~大変そう、ってことで土嚢という結論に到ったよう。安くて簡単+頑丈! 地球にやさしい家らしいですよ。
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー