Home > 日々ch > チェンマイ郊外のブア・トーン滝(1)

チェンマイ郊外のブア・トーン滝(1)

タイ王国にもNational Parkは数あれど、その大半とまでは言いませんがかなりの割合が“北部”に集中してる、って皆さんご存知でしたか?!
私は知らなんだ。ボソッ。
ともあれ、大自然に囲まれたこの環境で、朝から抜けるような青空が広がってると~アウトドア好き夫婦は、いてもたってもいられなくなるんです。(困)
もぉー真剣にまいっちんぐで・・・おとーちゃん仕事にならんのです~!

この日は日曜日だったので、方々のシガラミなし!w サクッと出発~、サクっとぉー!
しかし、おとーちゃんの実行力は毎回アッパレ!
私も昔は行動派とか言われたけど、子持ちになった今、随分慎重になった。
チビを連れて知らない場所へ・・・って、もし私1人だったら行きたい気持ちは山々でも二の足を踏むと思う。てか、心身共に重い、しんどい。
私たちがあちこち遊びに行けるのは、一重におとーちゃんのお陰なのです。

我が家から約45km、あっという間に目的地に到着~。
道中は、眺めも道も良く、快適なドライブでした。

見よっ、この緑濃いステキな景観をぉー!
この滝に沿ってトレイルは続きます。


風邪っぴきモンジは、ゼーゼー、ハァハァ・・・下りなのに早くもバテ気味。
おとーちゃんは、モコを抱っこしながらもスイスイ~。さすが男性だな、私には無理!


森の中に佇む父と娘2の図に目を細めてしまう私。


タイの国立公園の“とりあえず滝見せとけやー”的な風潮は、以前からどうかと思ってたんですが(例えば、タイの最高峰ドイ・インタノンを含む近辺一帯の国立公園なんて滝だらけ)、でも、ここの滝は滝は滝でも一味違いますよ!(鼻息荒らし)
いいですかー?!
←アップでどうぞぉー!
しっ、白いっ!
しぶきの色ではありません、地肌が白なんです!(正確にはベージュに近い白)
水に石灰の成分が多く含まれてる為、このような姿になった模様。
これを見て、トルコのパムッカレを想い出しました。
その昔、雑誌か何かでトルコのパムッカレとカッパドキアの写真を見た時、“行きたい!”ではなくて、“何が何でも行かねば! 今行かないと一生後悔する!” と確信し、2ヵ月後にはトルコ航空の飛行機に乗ってました~♪ ビュッ、ビューーーン。
あの頃('95年)は、エアチケットも安かったし、働いてて実入りも良かったので、仕事の都合さえつけば、さっと旅に出た。
自由を謳歌してたなー。(遠い目)
いい時代でした。


ねぇ、ここはカンチャナブリーのエラワン滝??!

口裂け女ではありません。
この後、モンジの体調が急激に悪化し、敢え無く退散となりました。


帰りは急な上り。
おとーちゃんは尚もモコを担ぎ、エンヤコラサッサーーー。
この人なしでモコを連れて山へ・・・はやっぱり無理!


近々(モンジの風邪が完治したら)、このトレイルに挑みまっせ~!
楽しみ♪ 楽しみー♪
それにしても・・・
モンジの風邪ひき体質っていうか虚弱体質、どうにかならんかな~・・・
おとーちゃんと結構真剣に悩み中。

2012/10/23(Tue)   


→次の記事: ハロウィーンの朝

←前の記事: トゥリーハウスに行って来ましてん(2)


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.