おかしなおまけ

タイ人はおまけがお好き・・・?!?

ここタイも色んな商品に様々なおまけが付いてきます―――。


早速ですが、

←何のおまけでしょう・・・?


 
ヒントは

←コレ。


 
もうお分かりですね

アタック(洗濯洗剤)のおまけでした~。



・・・それはそうと・・・

コレいったい何なんでしょう?



麦茶入れ・・・?


う~む~・・・洗濯洗剤に付いてきたボトルに飲み物を入れたくないなぁー、な~んとなく・・・。(個人的にね)

まてよっ・・・!

洗濯洗剤に付いてきたわけだから、“洗剤入れ”という線もあり得る。(てか、その線が強い?!?)


 
ちなみに

←コレもアタックのおまけ。

しかし、何故に鍋つかみ?!?

洗濯洗剤に何の縁もゆかりもないぞ!? リンクする部分が1つも思いつかない・・・。

・・・謎だぁぁぁ。


 
気を取り直して、次!

←コレは何のおまけでしょう?



今回はヒントなし。


 
正解は・・・

紙オムツ のおまけでした~。

で、これまた何故にタッパーなのぉ・・・?!?

何を入れろとぉ~っ???

う~む~・・・オムツに付いてきたタッパーに漬物やら佃煮やら食べ物を入れる気にはならんなー、気分的に。

あ、そういえば・・・!

さっきの線で考えると、これも・・・もしかすると・・・

“オムツ入れ”とか?

でも・・・

オムツといっても・・・

使用前?!?
使用後!?!



 
←怪しげなダイヤル(?)に注目!

“open”と“close”。

ダイヤルを“open”に合わせると、空気穴が開くようになってる。
“close”は逆に閉まる。

何の為に空気穴がぁ~???!

ヤバッ!!!
私、ヘンなこと考えてしまった・・・


使用後のオムツの臭いがこもらないように、ダイヤルを“open”にして空気穴から空気を抜いて臭いを消す・・・

なんて恐ろしいことぉぉぉっ・・・考えてしまった!!!

あぁぁぁー、暑さのせいか頭がどうかしてきた。



・・・いずれにせよ、
なんか使えそうで使えないおまけが多いのは否めません。(マニアうけはするかもしれないけれど・・・?)
ちなみに上記全て娘のおもちゃになりました。(苦笑)


 
どうせなら日本のように、便利で気の利いた“使える”おまけにして欲しいものです。

←昨年一時帰国した時、実家から持ち帰ったウェットティッシュ。
こういうおまけなら大歓迎! いくらでも欲しぃ~・・・。


 
2009/04/19(Sun)   


2017・初泳ぎ
朝一番で海へ行き たっぷり遊んで、その後は 美味しいランチ... 最幸の1日でした◎
釣り場探しでいい場所発見
新規釣り場開拓! T氏が教えてくれた道(獣道)は思いの外簡単に見付かり、先を目指す・・・
屋久島ボタニカルリサーチパーク
花と緑溢れる公園。まあまあ近いし、入場料(大人500円/子供250円)さえなければもっと頻繁に来るのになあ~・・・w
屋久島で家を建てるならアースバッグハウス?
木だとシロアリが心配だし、石は建てるのが超~大変そう、ってことで土嚢という結論に到ったよう。安くて簡単+頑丈! 地球にやさしい家らしいですよ。
晴れると忙しいんです(2)
17:00を知らせる『夕焼け小焼け』が流れたので(島内放送)、撤収。あー楽しかった◎ ほぼ1日お外を満喫しました!
晴れると忙しいんです(1)
娘たちが通う小学校の風習(!)のひとつに "学級・親子レクリエーション" というのがあって、年に数回、親子で参加する集いがあるんです...。
お出かけ日和
昨日は久々のお出かけ日和◎ 気温もだいぶ上がり、ポッカポカ。それだけで幸せ~♡
幻の高級魚スマが釣れました(2)
晩ごはんはご馳走♪ 1匹釣れるだけで一気に食卓が豊かになります。
幻の高級魚スマが釣れました(1)
クジラを見に行ったんです...残念、クジラは見れませんでしたが、幻の高級魚スマ(オボソ)が釣れました~◎
今年の抱負
2017年、良い年にしますよ。結婚して子供を産んですっかり受動的になってしまったので、今年はちょっと能動的に。
2017年・初日の出
7時過ぎ、湯泊港到着。堤防の先っちょへ...
私の両親と妹が遊びに来てくれました
私の父が80歳の誕生日を迎えたのですが、そのお祝いも兼ねて両親を招待したいね~と予てから夫と話していたんです...
季節の変わり目で体調崩してました
きっかけは、子供からうつった風邪...一度寝込んだら最後、ガタガタと体調が崩れ始め、起きれなくなりました。
堤防で夕方ピクニック
夏休みのある日...「なんか今日は、お外でごはん食べたいね~」と、お弁当持って湯泊の堤防へ・・・♪
ウミガメの赤ちゃんと私の赤ちゃん
「つい先日、栗生の浜でウミガメの孵化見てきたんだけど良かったよ~、行ってきたら...?」とすすめてもらい、お祭り会場からそのまま栗生浜へGO!
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー