扇風機の洗い方

日に日に暑くなっています。
気温の上昇と共に、ビールの消費量も大幅にアップ~~~!!!(泣)
酒代が我が家の家計を圧迫します・・・。(涙)

これからエアコンをつけたり、1日に何度も洗濯機を回したり、庭の水撒き用のポンプ(井戸水を電動ポンプで汲み上げているのです)を頻繁に使用したりで、電気代が嵩む時期に突入します。

でも、
で も ・・・
多少お金はかかっても、寝る時ぐらいはクーラーのきいた涼しい部屋でぐっすり眠りたいし、水のこと(正確には“電気のこと”)など気にせず、庭の草花にた~っぷりお水をやって、みずみずしく美しい姿を愛でていたい!

・・・ってことで、出来ることから節約に努めることにします!

まずはアレです、アレ・・・扇風機!

言わずもがな扇風機はエアコンに比べると断然お得! 経済的!!!

ちなみに、我が家はエアコンが寝室にしかありません。
1日の大半を過ごす子供の遊び部屋にはファン(天井に固定するタイプの送風機)、私の作業部屋(ミシンとPCがある部屋)には扇風機のみ。
真夏(4月頃)ともなると、熱風をかき回すだけのファン・扇風機では耐え切れず、昼間っから寝室に籠もり、ゴロゴロしながらPCいじったり、チクチク手縫いを楽しんだりすることになると思うので(“憂鬱からの脱出”など参照)、せめてそれまでは! ってことで、数ヶ月間放置して埃だらけになってた扇風機を引っ張り出してきて、掃除することにしました。
いくらズボラ人間とはいえ、埃をどっさりかぶった扇風機をそのまま回すことはありませんよー!


洗い方といってもめちゃテキトーなんで(苦笑)、“ちょっとしたコツ”ってことで参考にして頂ければ幸いです。

まずは、壊さないように扇風機を分解。
!ここでポイント!
組み立てる際、順番が分からなくなったら大変ですので、外した順番に部品を並べます

そのままバスルームに移動して、
←やはり順番に並べたまま、ホースの水を勢い良くかけて、細かい埃を洗い流し、特に汚れのひどい“3”(写真の3番)などは、スポンジでこすった後、水で良く洗い流します。

順番に並べた状態で風通しの良い部屋に移動し、各部品良く乾燥させた後、組み立てて出来上がり~。



結局のところ・・・

部品を順番に並べるのだけがポイントのような~・・・。(爆)


 
・・・ともあれ、想像以上に簡単・楽チンですので、手間を惜しまず洗ってみて下さい。

埃交じりの風より、クリーンな風の方が体にも心にも(精神衛生上)良いに決まってますからね~!
2009/02/10     


2017・初泳ぎ
朝一番で海へ行き たっぷり遊んで、その後は 美味しいランチ... 最幸の1日でした◎
釣り場探しでいい場所発見
新規釣り場開拓! T氏が教えてくれた道(獣道)は思いの外簡単に見付かり、先を目指す・・・
屋久島ボタニカルリサーチパーク
花と緑溢れる公園。まあまあ近いし、入場料(大人500円/子供250円)さえなければもっと頻繁に来るのになあ~・・・w
屋久島で家を建てるならアースバッグハウス?
木だとシロアリが心配だし、石は建てるのが超~大変そう、ってことで土嚢という結論に到ったよう。安くて簡単+頑丈! 地球にやさしい家らしいですよ。
晴れると忙しいんです(2)
17:00を知らせる『夕焼け小焼け』が流れたので(島内放送)、撤収。あー楽しかった◎ ほぼ1日お外を満喫しました!
晴れると忙しいんです(1)
娘たちが通う小学校の風習(!)のひとつに "学級・親子レクリエーション" というのがあって、年に数回、親子で参加する集いがあるんです...。
お出かけ日和
昨日は久々のお出かけ日和◎ 気温もだいぶ上がり、ポッカポカ。それだけで幸せ~♡
幻の高級魚スマが釣れました(2)
晩ごはんはご馳走♪ 1匹釣れるだけで一気に食卓が豊かになります。
幻の高級魚スマが釣れました(1)
クジラを見に行ったんです...残念、クジラは見れませんでしたが、幻の高級魚スマ(オボソ)が釣れました~◎
今年の抱負
2017年、良い年にしますよ。結婚して子供を産んですっかり受動的になってしまったので、今年はちょっと能動的に。
2017年・初日の出
7時過ぎ、湯泊港到着。堤防の先っちょへ...
私の両親と妹が遊びに来てくれました
私の父が80歳の誕生日を迎えたのですが、そのお祝いも兼ねて両親を招待したいね~と予てから夫と話していたんです...
季節の変わり目で体調崩してました
きっかけは、子供からうつった風邪...一度寝込んだら最後、ガタガタと体調が崩れ始め、起きれなくなりました。
堤防で夕方ピクニック
夏休みのある日...「なんか今日は、お外でごはん食べたいね~」と、お弁当持って湯泊の堤防へ・・・♪
ウミガメの赤ちゃんと私の赤ちゃん
「つい先日、栗生の浜でウミガメの孵化見てきたんだけど良かったよ~、行ってきたら...?」とすすめてもらい、お祭り会場からそのまま栗生浜へGO!
Home日々ch料理chぬいものch育児ch旅ch植物chうなぎ家紹介うなぎの寝床プライバシー ポリシー