Home > 日々ch > 貧乏時代の話と拾った種(1)

貧乏時代の話と拾った種(1)

お話は約1年半前に遡ります。

2006年11月のある日曜日・・・

土日はどこも混んでるので家で大人しく過ごす私たち、その日は朝から皆で庭仕事をしていたのですが、11:00頃終わってしまい、手持ち無沙汰になってしまいました。

急に昔良く行った食堂へ行きたくなった夫と私。

「行こうか?」

「行こう!」

即決。

娘をベビーカーに乗せて出発!


折角なので、昔良く歩いた道を散歩してみることにしました。

←これが思い出の小道。

昔、まだバイクも持ってなかった頃、ここを2人でテクテク歩いて食堂に向かいました。



昔夫と歩いた道を親子3人で・・・

不思議な気分になりました。



ここが昔通い詰めた食堂。
1食わずか\300ぐらい(2人分、ビール別)で私たちのお腹を満たしてくれた食堂です。

ちなみにここ数年物価がぐんぐん上昇していて、この食堂も、当時1皿\50ぐらいだったものが、その時約\90! と当時の倍近くになっていました。
がっ、店主のおばちゃんの心のこもった笑顔とサービスは昔のままで・・・
家からちょっと遠いのと、子供が生まれてから多忙になったのとで、しばらく足が遠退いていたのですが、おばちゃんは昔と変わらぬ笑顔で迎えてくれました。

久々に娘の顔を見たおばちゃんは大喜び。
そんな姿を見てると、私まで嬉しくなりました。










そして

そしてコレは・・・

2000年、夫がVAIO-C1で撮影したもの
秘蔵写真です。(笑)

上と同じ小道。

画像が荒くて小さいですが、私にとっては宝物です。



←小道の脇のインターネットカフェで飼われていた犬。

とても人懐っこい犬で、私たちが通る度に愛嬌を振り撒いてくれました。

前足・後ろ足が白く、引き摺るほど長い毛を軽やかに揺らしながら動き回る姿は、エルヴィス・プレスリーにそっくりだったので(?!)、2人で勝手に「エルヴィス」と名付けて呼んでました。(笑)





2000年始め・・・

その頃私たちは仕事をしてませんでした。

私にはハッキリした夢があって、その夢を叶える為、2人で色々調べたり、準備してた時期だったのです。

なので、生活費は私の貯金から。といっても、ここは物価の安いタイ! 2人で月6~8万円ぐらいで暮らしていけたので(無論倹約の上)、大した負担にはなりませんでした。

・・・とはいえ、夢の実現の為、なるべくお金を置いておきたかったのも事実で、常に節約を心がけ、食事は1回2人で\300ぐらいに抑え、ビールはケミカルチックな味のする激安ビールを飲んでました。(←それでも飲む私たち:爆)

(貧乏時代の話は、書き出すと長~~~くなるので、今回はこの辺で。また機会があれば書きます)










話は戻って・・・

その思い出の小道で

「キレイだなぁ」

と言って、思わず立ち止まって見入ってしまった青い花。

(←その時の画像がなかったので、今年始めに撮影したものを代用)

・・・なんてキレイな青なんだろう・・・

すっかり一目惚れしてしまいました。




帰宅後、夫が

「これ・・・」

と言って種を差し出してくれました。

青い花の種でした。

夫はとっさに落ちてる種を探し、そっとポケットに忍ばせたそうです。

わぁぁぁっ!!! スゴイ!! 嬉しい!

さすが夫! その辺はぬかりがない!(植物マニアなもので・・・?:爆)



・・・かくして、その種を育てることになったのです・・・。

〈つづく〉       






→次の記事: ピンクのちょうちょ

←前の記事: 買い物の休憩に


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.