Home > 日々ch > お出かけ日和(1)

お出かけ日和(1)

昨日は、久しぶりに気持ち良く晴れたので、朝からお出かけしたくてウズウズしてました。

郊外のOさん宅へお伺いしようか、と夫と話していたのですが、色々調整が付かず、残念ながら断念。
夫は仕事があったので、娘と2人で出かけることにしました。
今日しなければならない作業は特にないし、お天気も気候も良くて・・・絶好のお出かけ日和! だったんですもん! 家でじっとなんてしてられません~!


娘と2人向かったのは・・・

ずっとずーっと行きたかった場所・・・


それは・・・
←ココ!

名前は知りません、どこかに書いてあったのかもしれませんが、私、タイ文字が読めないもので・・・
とにかく、木がたーくさんある広い公園です。



独身時代はバイクで良くあちこちウロウロしたのですが、その時何度も通り掛って、「こんな所に公園(?)があるんだなー。木がたくさんあっていいなー。今度またゆっくりしに来よう」なんて思ったものですが、結婚して商売を始めてからはそれどころでなくなり、子供が生まれてからは更に状況が悪化して・・・。(泣)
ようやく念願が叶った、というわけです。



娘の希望でトゥクトゥク(三輪タクシー)に乗って公園へ向かったのですが、娘は、大通りを引っ切り無しに走る車の音、大型バイク、トラックなどが発する爆音にすっかり参り、最後の方は泣きそうな顔して耳を塞いでました。



やっと到着し、その景色を目にした娘は、
まるで吸い込まれるように
←目の前の景色に飛び込んで行きました。

私も慌てて娘の後を追ったのですが、ここで不思議な現象が・・・

木々の中に入っていった途端、音が消えたんです。

「消えた」はちょっと大袈裟ですね、うーむー、音のボリュームを最大から最小に絞ったカンジといった方が正確でしょうか。



木々が騒音を吸収してくれてるかのようでした。
音だけではなく、空気も浄化してくれてるよう・・・

やっぱり木っていいなー・・・。


この町で、これだけの木が残されてる場所は珍しいです。

発作的に「残しててくれて、ありがとう!」と叫びたくなりました。(誰に? てか、別に私の為に残してたわけじゃないですしね:爆)

ま、ともあれ、たくさんの木々を前に少し興奮気味だったのです。



興奮してたのは私だけでなく、

←この人も。(笑)

大はしゃぎで走り回っておりました。



所々にテーブルとベンチがありました。
コンクリートで出来た簡素なものですが、あるだけ有難いです。

今度、お弁当持って来よ~!



←等間隔に、このようなコーナーが・・・

一瞬遊具かな? と思ったんですが、



良く見ると、

エクササイズのコーナーだったんですね。(笑)

ということは、ここは運動公園のようなもの・・・?

在住者の方、「何を今更」なんて仰らないで下さい~。 
お恥ずかしい話、私こっちに6年以上住んでいながら、この町のことをまだあまり知らないんです。(泣)



2007年11月18日 


〈つづく〉



→次の記事: お出かけ日和(2)

←前の記事: マッサージでしばし極楽


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.