Home > 日々ch > 夕涼み(2)

夕涼み(2)

「サンデーマーケットに行くの~?」

と娘に訊く夫。

「うん、アイスクリーム食べに行くのぉー。お父さんも行く~?」

すかさず私が、

「お父さんはお仕事があるから行けないのよ」(←一応フォローのつもり・・・)

「わかったぁ。お父さん、お仕事頑張ってね~」

と娘。

(よし、いい子だ、いい子!)


さぁ出発! という時、

「お父さんも一緒に 行こうよぉ・・・」

と寂しそうに小声で言う娘の姿にグラッときたのか、

「やっぱり行こうかな」

と夫。(笑)

「人ごみの中歩くのはパスだから、手前の店でビールちびちび飲みながら待ってるよ」

と。



・・・ってことで、結局3人で出発~!
 
家を出た所で、いきなり娘が


「お父さんの肩に乗る~!」




「・・・・・」


夫も一緒に3人で行きたかったというより、
単に歩くのがだるくて、夫の肩に乗せてもらいたかったらしい・・・。

つまり夫は“足”ってわけ。(爆)

さすが私の娘、血は争えん。

夫は眉毛を八の字にしながら、娘を肩に乗せていたw


しばらくすると飽きてきたのか、

「降りて歩く~」

と娘。(勝手気ままなところも私似)

ダダダダッとダッシュして向かったのは、
ライオンさんの所だった。










・・・日本料理屋さんの前で、

「30~40分後ぐらいにね~」

と言って夫と別れ、お目当てのアイスクリーム屋台がある寺院へと向かう。

お寺の境内を入った所で、

「アイスクリーム~!」

と言って走り出す娘。



←お目当てのアイスクリームを無事ゲット!

薄紫色だが葡萄味ではなく、タロいも味。
甘過ぎず、素朴な味。
アイスクリームというより、昔懐かしい“アイスキャンデー”といったカンジ。

あっという間に食べ、2人でぶらぶらお散歩。

ライトアップされたパゴダが美しい。

パゴダの前で遊ぶ女の子といつの間にか仲良くなってる娘。
こんな時、子供っていいな、と思う。

それはそうと、パゴダの周りには占い屋台がたくさん出ていた。
若い女の子が真剣な面持ちでおばちゃん(細木数子風?)の話に耳を傾けてた。



仲良くなった女の子と別れるのが名残惜しそうだったが、お父さんとの待ち合わせの時間もあるので・・・

「ばいばい~、またね~!」

と手を振って別れた。



道すがら、竹で編んだ子供用の帽子が目に付き、娘にかぶせてみると、ピッタリ!
娘は、相棒・マー(犬のぬいぐるみ)に合いそうな小さな帽子が気に入ったようだ。
ってことで、お買い上げ~。
なんと、2つ合わせて230円という安さ!!! 
サンデーマーケットは何でもチープ! だから好き♪ 

あっちゃ~、すっかり遅くなってしまった! 
娘の手を引き、急いで日本料理屋さんに行くと、

「遅いから、ハイネケンの小瓶と刺身を追加しようと思ってたところだ」

と少し不機嫌そうな夫。

しかし、買ったばかりの竹の帽子をかぶる娘を見ると、途端に笑顔が。



帰りは、3人で手をつないで家まで歩いた。

月がやけにキレイで、時折吹く夜風が心地良かった。

2007年9月16日 






→次の記事: 暑くてもおでん(1)

←前の記事: 夕涼み(1)


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.