Home > 日々ch > タイの100円均一ショップ

タイの100円均一ショップ

リンピンスーパーとダイソーで書きましたが、3月16日ダイソー1号店がオープンしました。
チェンマイ初上陸!
バンコクには既に何店舗かあって、今年始めにはプーケットにも1号店がオープンしました。
チェンマイにも出来ないかな~、と思ってた矢先、待望のオープン。



日本に住んでた頃から100円ショップには随分お世話になっていて、移住後も帰国する度にあちこち覗きに行ってはチェンマイで手に入らない便利な品を買い漁ってました。
お陰で毎回スーツケースはパンパン。
スーツケースが閉まらなくなって、上に乗って体重をかけ、何とかロックすることも・・・。(汗)



実はオープン当日、たまたまNim City Daily(ダイソー、リンピンスーパーなどが入るニューショッピングセンター?)に行ってたのですが、目当てはリンピンスーパーだったので、夫に

「ダイソーは見ないぞ!」 

と先に釘を刺されました。

・・・やっぱりか。買い物嫌いだからな、この人・・・。

ま、付き合ってもらって不機嫌になられるよりも、自分だけで出直した方がマシ、ってことであっさり諦めました。





・・・で、先日早速女2人で(夫抜きで)リベンジ!

自動ドアが開き、わくわくしながら中に入ると・・・、

そこは 日本~!

約3年帰国していない私は、懐かしいやら嬉しいやら~・・・。あぁ、うるうる。

・・・って! 

懐かしさに浸ってる場合なんかじゃありません!!


こちとら悪ガキ連れ。
最初はお行儀良くしてくれてても、しばらくすると飽きて暴れ出すに違いない。

とにかく見たいものを最優先に、集中的に見ることにしました。



・・・案の定、しばらくすると娘が暴れ始めました。
時間切れです。とほほ。

素早くお会計を済ませ、後ろ髪引かれる思いで退散。(涙)



今回私が見たのは、主に食器類。
今一番欲しいものなので、優先的に見ました。

その他にもキッチン用品、お掃除グッズ、バス・トイレ用品、文房具、おもちゃ、園芸用品、置き物などなかなかの品揃えでした。



まだ行かれてない方、是非一度足をお運び下さい。

今までチェンマイでは手に入らなかった便利グッズがきっと見付かるはずです!


【場所は、セントラルエアポートプラザの近く、日本領事館があるビジネスパークの道を挟んで向かい側です】



チェンマイの100円ショップ。

・・・といっても、全商品65B。(一部例外あり)

日本円に換算すると100円ではなく、今のレートで約240円ぐらいでしょうか・・・? 
もちろん日本で買うより高いですが、輸入品ですし、バンコクからの輸送費もかかってるので相応の価格でしょう。



戦利品。

まずは食器類。

ご飯茶碗は、一番右(上)のみ一回り大きいです。(夫用)
夫はちょっと前から過食症気味でモリモリご飯を食べるので、ホントはどんぶりサイズが欲しかったのですが、残念ながらなかったのでこれにしました。
そうそう、最初娘の存在をすっかり忘れてて、夫用と私用2つしか買い物カゴに入れてなかったのですが、途中で気付いて慌ててもう1つ追加しました。

黒いお皿は、大人用ということで、2つだけ。
黒っぽい和風のお皿がずっと欲しかったので大満足。

土鍋は130Bでした。
これは例外品なんだそうです。
店員さんの説明では、蓋が65B、鍋が65B、合計130B! となるそうです。ナルホド~。
買おうか買うまいか悩んだのですが、フグの絵が気に入ったのでつい買ってしまいました。
1人用の小さな鍋なので、あと2つ欲しいな・・・。

食器以外。

左:ゴシゴシタオル

子供にも使えるようにと“子供用”にしました。
丸く小さな穴が開いていて「肌ざわりチェック」が出来るんですよ!
さすが日本の商品! 痒い所に手が届きます!

右:おべんとうピックス

私が熱心に食器コーナーを見てる時、娘が持って来ました。
どうしても離さなかったので仕方なくお買い上げ~。(泣)
ま、かわいいピックスだし、いっちょ娘にお弁当でも作ってみっか~!





2007.4.15 






→次の記事: 篭城

←前の記事: あてのないドライブ


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.