Home > 日々ch > おすすめのお土産・チェンマイ編1

おすすめのお土産・チェンマイ編1

タイ編に引き続きチェンマイ編です。
もう少し正確にいえば、チェンマイを含むタイ北部のお土産です。

1.布のコーヒーフィルター

天然麻100%の布のコーヒーフィルターです。
我が家も随分前から愛用していて、今で何代目でしょうか・・・?

味に敏感な夫が紙フィルターは紙の臭いがつくから嫌だ、と言うので、以来布フィルターを使っています。
布フィルターも使い始めは布の臭いがして違和感があるのですが、使い込んでいくうちに布の臭いも消え、コーヒーそのものの味を楽しめるようになります。

この布フィルターと山岳民族が作るコーヒーをセットで、というのも喜ばれるかもしれません。


2.モン族のデザインサンダル

タイ人の友人が履いていたモン族のデザインサンダル。
とってもかわいかったので「かわいいね」と誉めると、「サンデーマーケットで買ったのよ。明日行くから買って来てあげる」と。

なので写真のサンダルは、友人のお見立て。
私にはちょっと派手みたいです。

他の商品も色々見たいので、次回は自分で行ってみようと思っています。
友人の話によると、値段は60~200B?(←すみません、うろ覚えです)ぐらいだそう。
なぜそんなに値段にひらきがあるかというと、同じような商品を扱うお店がサンデーマーケット内に2軒あり、1軒は60Bぐらいで売っていて、もう1軒は200Bぐらいで売っているのだそうです。
商品に違いはあるのでしょうか?!?
自分の目で見て確かめて来ます。


3.北タイ料理のレトルト

スーパーで買い物をしている時、偶然発見しました!
写真は、ゲーン・ハンレーのレトルトパック。
ゲーン・ハンレーとは、北タイスタイルのカレーです。
他のカレーと異なる特徴は、ジンジャーの味がピリリときいていて、アクセントになっているところでしょうか。
見た目は辛そうですが、味は意外とマイルドで、他のタイカレーに比べると日本のカレー味に比較的近いような気がします。

この他にもナム・プリック・オーン、ナム・プリック・ヌーンなどのレトルトもありました。
ナム・プリック・オーンもナム・プリック・ヌーンもカントークディナーでは必ずお膳に登場する北タイの代表料理です。

こちらの人たちは、これらのおかず(?)と蒸かしたもち米を一緒に食べます。
なので、もし荷物に余裕があるようでしたら、スーパーでもち米のミニパックを探され、一緒に買って帰られるのもいいかもしれません。


4.ケップ・ムー(豚皮のカリカリ揚げ)

チェンマイ→バンコクの飛行機の中で、タイ人がケップ・ムーの袋をたくさん抱えているのを何度が見たことがあります。
タイ国内でもチェンマイ(北タイ)の名物というとケップ・ムーなんだな、と思ったものです。

写真は、市場で買って来た揚げ立てのケップ・ムー。
スーパーなどに行くと、きちんと袋詰したものが置いてありますので、そちらを買われるといいと思います。








→次の記事: 乾季到来! 家族でチェンマイ郊外へ・その1

←前の記事: おすすめのお土産・タイ編1


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.