Home > 子供ch > 娘の発言(2)

娘の発言(2)

3本続けてどうぞ↓



【その1:番外編?】

ピアノが上手で、絵を描くのが苦手な夫は、音楽担当
絵を描くのが好きで、ピアノが苦手な私は、美術担当

・・・と、育児の中でも役割分担が決まってるのだが、そんなこと知ったこっちゃない娘は、私にも

「なんか弾いて~」

と詰め寄る。

そんな時、弾いてあげるのが“ねこふんじゃった”
ピアノが弾けない私が唯一弾ける曲だ。



何故“ねこふんじゃった”が弾けるかというと・・・
小学生の時、ナントカ君(←名前、忘れてしまった)から教えてもらったから。
男の子でも弾けるんだから・・・と意地になって練習した。
何度も何度も練習してる内に、体で覚えた。



私が娘に弾いてあげるのはこればかりなのだが、唄いながら弾くもので、娘は大喜び。(夫は弾くの専門で、唄わない)

ある日、私がトイレから戻ってみると、娘が私の真似をして、おもちゃのキーボードで“ねこふんじゃった”を弾きながら唄ってた。

もちろんきちんと弾けないし、音程もめちゃくちゃなのだけど、それなりに聴こえるのが不思議・・・!

♪ねこ ×× じゃった 

 ねこ ×× じゃった

 ねこ ×× じゃ

 ×× じゃ

 ×× じゃった♪

・・・気持ち良さそうに唄っているが、××のところが良く聴こえない。

「聴こえないよー。もっと大きな声で唄って~!」

と娘に言うと、私の方を横目で見て、コクリと頷き、



♪ねこ しん じゃった 

  ねこ しん じゃった~・・・・・♪



・・・死んじゃったぁぁぁ・・・!?!?!



むごい。

むご過ぎる・・・!


娘よ、どうか外では唄わないでね。





【その2】

小物入れの掃除をしてると、日本から持ってきたアメピンとUピンが出てきた。

夜、娘がひとりで遊び始めたので、洗面所でアメピンとUピンを使って、久々におだんご頭に挑戦していたのだが、娘が「お母さーーーん!」「お母さぁぁぁーーーん!!!」と騒ぎ始めたので、途中で断念。
一応おだんごの形跡は残っているものの、きちんとピンでとめられなかったので、後れ毛はたくさん落ちてるし、全体的にボサボサで、見るからに落ち武者チック。

ドタドタ怒りの音をたてて、洗面所にやって来た娘が

「お母さん、何してるのよぉー?!!」

と興奮気味に言うので、洗面所から顔を出し

「髪の毛まとめてたのよ~。この髪型どう?」

と訊いてみた。

すると、

「うん、ステキ。お母さん、お姫様みたいね~!」

だって。

・・・は?

どこがぁぁぁ~~~!!!!!?

いい年越えたおばちゃん捕まえて、お姫様って・・・。

思わず噴き出した。



しかし、生まれてこの方「お姫様みたい」なんて言われたのは初めて。

まあ、意味が解ってないから言ってくれたんだろうけど、でも、「お姫様」なんて言ってくれるのは、後にも先にもアナタ1人だけ。アリガトー。





・・・・・かと思ったら、





【その3】


先日、夫が娘にアーミーナイフを買ってやりたいというので、家族で軍用品のお店へ行った時の話・・・。

私はナイフには興味がないので、店内をウロウロしてると、かわいい帽子を発見!(といっても、軍人がかぶるものだが:爆)

実は以前、アウトドアグッズのお店で、レディース用の帽子を買ったのだが、小さめで・・・
かぶってる内に伸びて馴染んでくるだろう、と思っていたのだが、全くその兆候がなく・・・
「もう少し大きくなったらかぶってね」と娘にあげた。(泣)

このお店の帽子は、男性用ということもあってサイズがピッタリだった。(どんだけ頭デカイねん、私・・・:涙)

鏡の前で、気に入った帽子をかぶって顔写りチェック(←というのか?)をしていると、娘がやって来たので、

「どう? 似合う?」

と訊いてみると、

「うん。お母さん、たぬきみたいねえ」

だって。

ガクッ。




・・・まぁ、お姫様というより、たぬきみたいなのは事実だが・・・。

子供って正直・・・。(涙)






庭に椅子を1つ出したら、その椅子でずーっと機嫌良く遊んでる娘。

ホント子供って遊びの天才!

















→次の記事: 心配

←前の記事: 息抜き


ランダム過去記事


Copyright 2006 - 2018
© unagi.tv
All Rights Reserved.